2010年08月26日

情報収集・処理・保存 (2010summer)

twitterを始めて丸一年を迎えた。今週はtwitterを起点とする飲み会や出会いが複数あり、再度twitterの素晴らしさを感じることができた。


この1年はWebから様々な情報が流れてくるようになり、その処理にはいろいろ試行錯誤している。今の自分がどんな情報処理を行っているかを整理するため、ざっくり書き出してみることにした。人によっては何が何だかわからないかもしれませんが、興味あれば参考にしてください。ちなみに環境は主にMac OS 10.6 (Snow Leopard)とiPhone (iOS 4)です。


[情報の保存]

一部の例外を除き、少しでも「これはとっておきたい」と思ったものはEvernote(プレミアム会員)に保存。iPhoneではFastEverで入力、閲覧はあまりしないが、するときは公式かEgretlist。主にタグを使って情報管理を行っている。形式は主にテキストとWebクリップで、写真や音声ファイルはあまりない。

Macbookを購入したので、できるだけ持ち歩いてEvernoteにメモっていきたい。ただ、ワイヤレスキーボードを買ってiPhoneを用いるという案も有力なので、近日中に検討。とにかく、情報はできるだけEvernoteに集約する。散逸するとなくなる。

例外として、論文はMendeley Desktopで管理、論文ファイルはDropboxに保存している。大きめのしっかりした書類ファイルは、Dropboxに保存(逆に単なるメモは必ずEvernoteに保存する)。スケジュールはiCalで一応管理しているが、しっかり管理するほど予定があるわけではないので適当で済んでいる。

[情報収集・処理]

・twitter
様々な情報を入手。特に経済(学)に関する話題を多く得ている。あとは日々のおもしろい話題。気になったものは、時間が無いときは一旦ふぁぼっておいた上で、Evernoteへ。最近はふぁぼりが再び積み上がっている。閲覧はPCからはHootsuite、iPhoneではOsfoora、公式、TweetListを使用。

・RSS (Google Reader使用)
気に入ったブログを登録。経済・労働系の話題が中心。気が向いたときにリストを晒す予定。一読して気に入ったものはEvernoteへ。閲覧はPCからはGruml、iPhoneではByline (無料版)を使用。

・日経電子版
なんだかんだで、一般経済ニュースはここから得ている。気になったらEvernoteにコピペ。(Webクリップが使い物にならないので、なんとかしてほしい…。)生活に関する話題も貴重だったりする。

・書籍雑誌
ちょこちょこ読んでいる。気になったところのスキャン/撮影はしたいが、ものが足りないので今のところしていない。Scansnapほしいですね。これも基本的に経済系のものを見ているが、ここでは他の分野に手を出したほうが有益なのかもしれない。


書き出してみていかにWebから情報を得ているかを実感した。しかし、情報の波を泳いでみると、直接人から得られる情報がとても貴重だと実感する。そういう機会は大事にしたいし、自分でも作っていかなきゃな、と感じました。

posted by とも at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

アダム・スミスに触れて(前)

この夏学期、授業をきっかけに、アダム・スミスに触れることができた。アダム・スミスと言えば、「経済学の父」と呼ばれる18世紀の経済学者・哲学者であり、代表的(そして唯二の)著作は「道徳感情論」「国富論」である。


私が今学期輪読したのは「道徳感情論」の第4〜6篇(全7篇、第6版の表記)であり、またスミスの考えの全体像をつかむため、先生の「アダム・スミス」(中公新書)を読んだ。先生の授業・本ともに明解な解説もあり、スミスの考えを一端ではあるが深く知ることができたと思っている。(新書は読みやすくスミスの考えがよく理解できるので、おすすめです。)


感銘を受けたのは、スミスの幅広い人間観である。「道徳感情論」には様々な人物像が記されている。慎慮ある人、野心的な人、虚栄心にあふれた人、勤勉な人、高慢な人、自己規制のできる人、できない人…そして彼らの良い点・悪い点が冷静に描かれており、一方的にある特性のある人を賞賛することはない。また彼ら及び彼らの評価が、慣習や流行の影響を大きく受けることも記されている。


ではスミスは、「利己的個人」についてはどう考えていたのであろうか?「利己的」行動と市場経済の関係―「見えざる手」との関係―はいかなるものであろうか?次のエントリーでは少しこの疑問について考えてみようと思う。(なんかずいぶんカタい書き方になってるなぁ…)




posted by とも at 19:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

Charness and Kuhn (2010) "Lab Labor:..."の目次を作ってみた

実験労働経済学の全貌を知りたいと思い、

Charness and Kuhn(2010) "Lab Labor: What Can Labor Economists Learn from the Lab?" NBER Working Paper No. 15913

を読もうとしたのですが、大変分量が多く、この文の全貌が掴めなかったので、目次を作ってみました。(これでも長い!笑)この分野に関心のある方は、一読してみて、興味のあるところだけ読んでみてはいかがでしょうか。広義の「労働経済学」なので、組織の経済学・契約理論の実験も含まれています。

簡単に要約すると、Iは実験の意義、IIは実験デザインについて、IIIは基本的実験のサーベイ、IVは従来の経済理論とは異なる"Behavial"な結果について、Vが応用トピック、という流れです。

続きを読む
posted by とも at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

[読書]もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

なんと100万部(発行)を超えたというお化け本、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を読みました。面白い本でした。


本書が面白い理由は様々な要素の『組み合わせ』にあります。個別に見ると、弱小野球部が甲子園を目指すというありふれた設定(注1)、経営物としても少し勉強すれば出てくるような内容、萌え系の絵も近年の動きを見ればまぁ普通…といったところなのですが、これらが組合わさって大きな力をなしています。


いろいろ小難しい経営の話が、トントン拍子に進む話のテンポに合わせて頭に入っていく過程が楽しめます。読み切るのに時間はかからないので、一読してみる価値があると思います。類書として、こちらも経営小説のベストセラー、『ザ・ゴール』が挙げられます。


1点面白いと思ったことを付け加えると、野球部という非営利組織に「マネジメント」という視点です。マネジメントはどんな組織においても必要なのですが、会社以外ではどうしてもそういう観点は薄れてしまう傾向があります。特に中学高校くらいでそんなことを真剣に考えることはあまりないでしょう。そこに光を与えたというのも、本書の良い点だと感じました。


いやはや、秋元康恐るべし!(注2)


(注1)こんなこと書いてますけど、不覚にも最後のほうでかなり泣いてしまいました…最近弱いんですよね…
(注2)筆者の岩崎夏海氏は秋元康氏に師事し、AKB48のプロデュースにも関わった方のことです。




posted by とも at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

論文管理&閲覧ソフト、Mendeleyの紹介

論文管理&閲覧ソフト、Mendeleyの紹介


今年度より「研究」が本格的に始まり、それに合わせて論文管理ソフトを探していましたが、やっと理想に近い、いやそれ以上のものに巡り合うことができました。(夏学期は、結局ソフトは使わず、Dropboxに論文をファイル分けし、Excelで情報を管理していたのですが、限界と時間の無駄さを感じていました。)今回はMendeleyというソフト(サービス)を紹介したいと思います。

細かい紹介や、他のサービスとの比較は以下のサイトなどを参照してください。

最強の文献管理ソフトはこれだ!―化学者のつぶやき


サービスの内容ですが、ダウンロード用のソフトウェア(Mac, WIn, Linuxに対応)、Web版、iPhone版などがありますが、ここでは主にソフトウェアに関して説明します。ちなみに私の環境はMac(Snow Leopard)です。基本機能は無料で提供されています。


<利点まとめ>
・自動の論文データ登録、便利なフォルダ分け
・便利な閲覧機能(e.g.論文へのメモ書き)
・オンラインストレージとしての機能



・自動の論文データ登録、便利なフォルダ分け


論文管理に際し面倒なのが、論文データ(タイトル、著者、雑誌名…)の登録作業です。
他のソフトでも自動登録機能があるものは存在するのですが、主に理系のジャーナルに特化されていて、経済学徒としては利便性は感じられませんでした。
しかし、Mendeleyでは、論文ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、そのファイルから論文データを読み取り、自動で登録してくれます。これは便利!
ただし、論文によっては上手く読み取ってくれません。そんなときも、論文のタイトルだけ正確に入力すると、Google scholar(などの検索サービス)から、論文データを読み込んでくれます。これでほとんどのジャーナル掲載論文についての情報が自動で登録されることになります。

登録された論文は、その後フォルダに振り分けることができます。ドラッグ&ドロップで操作できるので、この作業も楽です。私が便利だと感じたのは、1つの論文を複数のフォルダに振り分けられることです。1つの論文を複数のプロジェクトで引用することはよくあることなので、この機能は重宝するのではないでしょうか。(普通の管理だと、いちいちコピペしなければいけません)

また、登録された論文は(上記のフォルダ分けとは別に、実際のファイルとして、)自分の好きな場所に、好きな階層構造、好きな名前で自動登録されます。


・便利な閲覧機能

このソフトウェア、論文管理だけではなく、論文の閲覧を行うこともできます。閲覧と管理が同時にできるのは、それだけでもとても便利です。

さらに有用そうなのは、論文(pdfファイル)上にメモを付けたり、蛍光ペンで線を引っ張ったりできることです。これによって、論文をより快適に読むことができるようになると思います。(なお、このメモや線の情報は元ファイルには反映されず、あくまでMendeleyを使ったときに表示されるようです。


・オンラインストレージとしての機能

このソフトがさらに便利なのは、オンラインストレージとして、論文データがWeb上に保存されることです。これにより、どのパソコンで論文を落として登録しても、別のパソコンなどですぐ閲覧できるようになります。共有パソコンなどソフトウェアが入れられないときでも、Webからの閲覧が可能となります。

容量は無料で500MB(また、共有フォルダでさらに500MB)と、結構な量が準備されています。有料版も、7GBが$5/month、15GBが$10/monthと安価です。

※ちなみにiPhoneアプリも公開されて、それでも閲覧することができます。しかし、閲覧機能としてはやはりGood Readerが優れているので、iPhoneを使う場合は論文の保存先をDropboxに指定しておいて、Good Readerで読むのが良いと思われます。


いかがでしたでしょうか?僕は正直言うと、ワクワクが今も止まりません。これを利用して、快適な研究生活を送ってみてはいかがでしょうか?なお、Web版では多くの人が見ている論文のデータが収集、研究者のSNSとしての機能があるらしく、まだまだ奥が深そうなサービスです。また何か面白いことがありましたら、レポート致します。


posted by とも at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

近況(2010春夏)

ご無沙汰しております。なかなか時間がとれず、ブログの更新が滞っています。(1個紹介したい論文があるんですが…。)


気づけば1学期ももうすぐ終わり。後半は余裕があると思っていたのですが、あっという間に過ぎてしまいました。

1学期は主に

・論文発表(4回)
・修士論文中間報告(5回、1回は来週)

が中心。修論は多くの方に発表を聞いて頂くことができました。
反省しているのは、実験用プログラムの勉強があまりできなかったことですね。
面白かったのはアダム・スミス「道徳感情論」。たくさんの示唆が詰め込まれています。

期末はレポートを2本仕上げれば終わるので、さくさくやって夏休みモードといきたいです。

夏休みは集中講義があるのでベイズ&MCMCを集中して勉強(そろそろテキストを漁ってみよう)、実験用プログラムに一通りの目処を立てたいと思っています。

忙しそうだ!自己管理をしっかりして頑張ります。

posted by とも at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

相対評価で報酬が決まる場合、「足の引っ張り合い」は起きるか?―Real Effort Experimentによる検証―Carpenter et al.(2010 AER)

Carpenter, Matthews and Schirm(2010) "Tournaments and Office Politics: Evidence from a Real Effort Experiment" American Economic Review


ある職場で、成績が1位であったら、ボーナスが与えられるとしよう。あなたは何をするだろうか?1つは純粋に仕事を頑張る、という手段。非常に素晴らしいことである。しかし他にも手段がある。相対評価であるから、相手の評価を落とすことができれば昇進の可能性は高くなる。人の手柄を自分のものにしたり、悪い噂を流したり、手段はいろいろ考えられる。


本論文は、このような相対評価によるインセンティブがあり、かつ相手を妨害できるような状況における実験室実験を行ったものである。実験室で被験者は、手紙を印刷し、宛名を書いた封筒に入れるという仕事を行う。労働経済/組織の経済学の実験で、このように実際に仕事を行わせる実験を"Real Effort Experiment"と呼ぶ。(対して、CostのかかるEffort Levelを選ぶことで、仕事をしたとみなす実験を"Monetary Effort Experiment"と呼ぶ。)


Treatment(実験の設定)は3種類、「歩合給」「歩合給+トーナメント」「歩合給+トーナメント+妨害が可能(被験者同士で評価を行う)」である。結果として、歩合給よりも「+トーナメント」のほうが生産性が高くなるが、妨害が可能になると、歩合給のときよりも生産性が低くなってしまうことがわかった。これによって、妨害が発生してしまうような職場環境では、相対評価による競争(例えば昇進競争)はdisincentiveとなってしまう可能性がある、というインプリケーションが得られる。


続きでは実験の詳細を書きます。

続きを読む
posted by とも at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

IT導入は公共セクターの生産性を上げるか?ー「組織」も合わせて変える必要ありー Garicano and Heaton(2010 JLE)

Garicano and Heaton(2010) "Information Technology, Organization, and Productiovity in the Public Sector: Evidence from Police Departments" Journal of Labor Economics


本研究は、アメリカの警察署のパネルデータを用いて、公共セクターにおけるIT(情報技術)が生産性をあげたかどうかを検証する論文である。ここで言う「IT」とは、コンピュータによる犯罪分析や調査、及び出動に関するシステム、また犯罪歴や交通規制など各種データベースの利用である。


本論文では「生産性」の指標として、主に検挙率(検挙数/通報数)及び犯罪率(犯罪発生数/人口)を用いる。(なお論文発表では、特に検挙率に関しては恣意的に操作できるのではないか、とのコメントがあった。)


まず、「生産性」を「IT利用度」と署や地域の各種データに回帰したところ、「IT利用度」は検挙率には有意な値をとらず、犯罪率には正の影響が出てしまった。この結果は、様々なRobustness checkをしても概ね変わらなかった。(例えば、IT利用によって単に記録がつけやすくなって「犯罪数」が増える、という結果が得られたが、その効果は全体には影響を及ぼさなかった。)


ここで、ITは組織形態の変化など経営慣行の変化を伴わない生産性が上がらないという、補完性仮説(Milgrom and Roberts 1990)を考える。先ほどの回帰に組織の階層数、専門スタッフの数、学歴の要件、訓練時間などを加えると、犯罪率の有意性はなくなった。


さらに、IT利用度に変えて「IT利用度、専門的組織の数、技術水準」のすべてがそろったとき1をとる、「『現代的組織』の指標」を用いると、この指標は犯罪率に負の有意な値を持った。(同様の分析を他のデータセットを用いて、さらに検挙率が正に有意となるような結果を得ている。)


まとめると、ITによって生産性を上げるには、それ単体では意味はなく、専門的組織の設置、スタッフのskill levelの上昇など、組織形態の変更を「全面的に」伴わなければならない、ということである。これは教育・医療など、IT導入が遅れているとされる分野での導入に際し重要な示唆を持つだろう。


posted by とも at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

研究計画について

そういや、私がどんな研究がしたいか、する予定なのか、まだ書いてなかったので書いておこうと思います。出し惜しみしておこうかな、とも感じていたのですが、twitterにて「出し惜しみなんてすんなよ!」と言った言葉を目にしたので書くことにします。


私の専門は、おそらく皆さんもご存知なように、労働経済学です。そして私が行おうと考えているのは、見ている方には予想できたことかもしれませんが、実験室実験です。言うなれば、私は『実験労働経済学』を今後しばらくやっていこうと考えています。


実験室実験は、近年注目を集めている「実験経済学」の中の主要な一分野で、(ちなみにもう1つに「field実験」があります。)被験者を実験室に集め、何らかの意思決定や作業を行ってもらい、そのデータから様々な分析を行うものです。労働の文脈では、「企業」の行動はどうなるか、「労働者」の行動はどうなるか、「経済全体」としては何が起こるか、を考えることになります。


労働経済学における実験室実験は、まだそこまで多くないですが、確実に地位を高めつつあると私は感じます。参考文献としては、Palgraveの行動/実験経済学事典に収録された

Falk and Gachter "experimental labour economics"

があります。また、まだ読んでいないのですが、

Charness and Kuhn(2010) "Lab Labor: What Can Labor Economists Learn from the Lab?" NBER Working Paper No. 15913

が労働経済における実験について詳しく述べているようです。(Handbook of Labor Economicsに掲載予定だそうです。)


まだどっちに転ぶかわからない感のある実験室実験ですが、お遊びでなく、労働経済学のメインストリームの一部となると確信して頑張る所存です。


何だか気恥ずかしいですね。ではでは!(どんな実験をやるかは結局出し惜しみするわけです。)


posted by とも at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

2010年1学期の様子

ご無沙汰しております。4月が怒涛の忙しさだったので、ほとんど更新できませんでした。1学期も1月経ちましたので、近況報告といきたいと思います。


今学期は授業が週5コマ、ゼミが週2回(発表は月1ー2回)、研究会が月2回、+簡単な作業(バイト)というペースで進んでいます。ちょっと授業が多い感じですが、単位が足りないので仕方ない面もあります。


非常に簡単ですが授業のレポートをしていきます。


・組織の経済学(応用契約理論)
各自興味ある論文の輪読。来週は自分のターンで、Garicano and Heaton(2010 J. of Labor)を発表予定。


・経済学史
アダム・スミス「道徳感情論」の輪読。個人的に最もアツい授業。スミスの鋭い洞察に心打たれています。授業は原著ですが訳書(水田訳)を合わせて読んでいます。先生の新書も早めに読みたい。


・労働市場政策
主にThe Economics of Imperfect Labor Marketsに沿って進んでいく。過去ログのとおり、半分くらいは読んでいるので、半分予習・半分復習といった感じです。


・実験経済学
毎回、まず実際に実験を行い、その元となった論文を解説、その後実験用プログラムzTreeを学ぶ、といった流れ。自分でプログラムをどんどん動かしたいのだが、今のところあまり余裕がなくできず。そろそろやってみないと。


・貿易
貿易論の基礎。今は基本的な関税政策をやっています。


5月からは多少は余裕あると思うので、読んでる/聞いた論文の話など書いていきたいと思っています。


posted by とも at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。