2009年02月21日

『だまされないための年金・医療・介護入門』

『だまされないための年金・医療・介護入門』

を読みました。

年金制度・医療保険・介護保険について、制度の概説、制度の問題点、筆者の主張が盛り込まれている概説書です。著者は学習院大学経済学部の鈴木亘先生。

まとめると、

・現行の「賦課方式(若い世代の保険料が高齢世代の負担を支える)」から「積立方式(負担は自分たちが積み立てた保険料で賄う)」への移行を主張する。

・理由は前者において、少子高齢化により若い世代が「支える」ということはもはや不可能。世代間の損得の差も激しく、制度として維持不可能。(特にp29の世代別損得計算の表は圧巻。1940年生と2005年生では8340万円の差が出てくる)

・社会保障の目的は「所得再配分」にあるのではない。所得再配分は他の適切な手段で実行されるべき。

・厚生労働省とその主張を擁護する「社会保障の専門家」は現実を見てしっかりしてください。



といった内容です。入門書であろうと制度が複雑なので若干読み飛ばしてしまった部分がありましたが、「現状」「経済学の理論」「筆者の主張」がきちんと区別されており、全体的には読みやすかったです。

「社会保障の専門家」の「間違った」意見も直接読んでいれば、よりこの問題に対する理解が深まると思いました。

もう1〜2回読んでしっかりと理解を深めたいところです。



posted by とも at 00:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

卒論はうまく進まず…

今日読みたいと思った本

『公務員の人材流動化がこの国を劇的に変える』
『ヤバイ社会学』
『就活のバカヤロー』
『オバマ演説集』


ブログって短い記事を乱発したほうが気軽にかけていい気がしてきた。でもたまには集中した記事も書きたいですねー
posted by とも at 00:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。