2010年08月26日

情報収集・処理・保存 (2010summer)

twitterを始めて丸一年を迎えた。今週はtwitterを起点とする飲み会や出会いが複数あり、再度twitterの素晴らしさを感じることができた。


この1年はWebから様々な情報が流れてくるようになり、その処理にはいろいろ試行錯誤している。今の自分がどんな情報処理を行っているかを整理するため、ざっくり書き出してみることにした。人によっては何が何だかわからないかもしれませんが、興味あれば参考にしてください。ちなみに環境は主にMac OS 10.6 (Snow Leopard)とiPhone (iOS 4)です。


[情報の保存]

一部の例外を除き、少しでも「これはとっておきたい」と思ったものはEvernote(プレミアム会員)に保存。iPhoneではFastEverで入力、閲覧はあまりしないが、するときは公式かEgretlist。主にタグを使って情報管理を行っている。形式は主にテキストとWebクリップで、写真や音声ファイルはあまりない。

Macbookを購入したので、できるだけ持ち歩いてEvernoteにメモっていきたい。ただ、ワイヤレスキーボードを買ってiPhoneを用いるという案も有力なので、近日中に検討。とにかく、情報はできるだけEvernoteに集約する。散逸するとなくなる。

例外として、論文はMendeley Desktopで管理、論文ファイルはDropboxに保存している。大きめのしっかりした書類ファイルは、Dropboxに保存(逆に単なるメモは必ずEvernoteに保存する)。スケジュールはiCalで一応管理しているが、しっかり管理するほど予定があるわけではないので適当で済んでいる。

[情報収集・処理]

・twitter
様々な情報を入手。特に経済(学)に関する話題を多く得ている。あとは日々のおもしろい話題。気になったものは、時間が無いときは一旦ふぁぼっておいた上で、Evernoteへ。最近はふぁぼりが再び積み上がっている。閲覧はPCからはHootsuite、iPhoneではOsfoora、公式、TweetListを使用。

・RSS (Google Reader使用)
気に入ったブログを登録。経済・労働系の話題が中心。気が向いたときにリストを晒す予定。一読して気に入ったものはEvernoteへ。閲覧はPCからはGruml、iPhoneではByline (無料版)を使用。

・日経電子版
なんだかんだで、一般経済ニュースはここから得ている。気になったらEvernoteにコピペ。(Webクリップが使い物にならないので、なんとかしてほしい…。)生活に関する話題も貴重だったりする。

・書籍雑誌
ちょこちょこ読んでいる。気になったところのスキャン/撮影はしたいが、ものが足りないので今のところしていない。Scansnapほしいですね。これも基本的に経済系のものを見ているが、ここでは他の分野に手を出したほうが有益なのかもしれない。


書き出してみていかにWebから情報を得ているかを実感した。しかし、情報の波を泳いでみると、直接人から得られる情報がとても貴重だと実感する。そういう機会は大事にしたいし、自分でも作っていかなきゃな、と感じました。

posted by とも at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

論文管理&閲覧ソフト、Mendeleyの紹介

論文管理&閲覧ソフト、Mendeleyの紹介


今年度より「研究」が本格的に始まり、それに合わせて論文管理ソフトを探していましたが、やっと理想に近い、いやそれ以上のものに巡り合うことができました。(夏学期は、結局ソフトは使わず、Dropboxに論文をファイル分けし、Excelで情報を管理していたのですが、限界と時間の無駄さを感じていました。)今回はMendeleyというソフト(サービス)を紹介したいと思います。

細かい紹介や、他のサービスとの比較は以下のサイトなどを参照してください。

最強の文献管理ソフトはこれだ!―化学者のつぶやき


サービスの内容ですが、ダウンロード用のソフトウェア(Mac, WIn, Linuxに対応)、Web版、iPhone版などがありますが、ここでは主にソフトウェアに関して説明します。ちなみに私の環境はMac(Snow Leopard)です。基本機能は無料で提供されています。


<利点まとめ>
・自動の論文データ登録、便利なフォルダ分け
・便利な閲覧機能(e.g.論文へのメモ書き)
・オンラインストレージとしての機能



・自動の論文データ登録、便利なフォルダ分け


論文管理に際し面倒なのが、論文データ(タイトル、著者、雑誌名…)の登録作業です。
他のソフトでも自動登録機能があるものは存在するのですが、主に理系のジャーナルに特化されていて、経済学徒としては利便性は感じられませんでした。
しかし、Mendeleyでは、論文ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、そのファイルから論文データを読み取り、自動で登録してくれます。これは便利!
ただし、論文によっては上手く読み取ってくれません。そんなときも、論文のタイトルだけ正確に入力すると、Google scholar(などの検索サービス)から、論文データを読み込んでくれます。これでほとんどのジャーナル掲載論文についての情報が自動で登録されることになります。

登録された論文は、その後フォルダに振り分けることができます。ドラッグ&ドロップで操作できるので、この作業も楽です。私が便利だと感じたのは、1つの論文を複数のフォルダに振り分けられることです。1つの論文を複数のプロジェクトで引用することはよくあることなので、この機能は重宝するのではないでしょうか。(普通の管理だと、いちいちコピペしなければいけません)

また、登録された論文は(上記のフォルダ分けとは別に、実際のファイルとして、)自分の好きな場所に、好きな階層構造、好きな名前で自動登録されます。


・便利な閲覧機能

このソフトウェア、論文管理だけではなく、論文の閲覧を行うこともできます。閲覧と管理が同時にできるのは、それだけでもとても便利です。

さらに有用そうなのは、論文(pdfファイル)上にメモを付けたり、蛍光ペンで線を引っ張ったりできることです。これによって、論文をより快適に読むことができるようになると思います。(なお、このメモや線の情報は元ファイルには反映されず、あくまでMendeleyを使ったときに表示されるようです。


・オンラインストレージとしての機能

このソフトがさらに便利なのは、オンラインストレージとして、論文データがWeb上に保存されることです。これにより、どのパソコンで論文を落として登録しても、別のパソコンなどですぐ閲覧できるようになります。共有パソコンなどソフトウェアが入れられないときでも、Webからの閲覧が可能となります。

容量は無料で500MB(また、共有フォルダでさらに500MB)と、結構な量が準備されています。有料版も、7GBが$5/month、15GBが$10/monthと安価です。

※ちなみにiPhoneアプリも公開されて、それでも閲覧することができます。しかし、閲覧機能としてはやはりGood Readerが優れているので、iPhoneを使う場合は論文の保存先をDropboxに指定しておいて、Good Readerで読むのが良いと思われます。


いかがでしたでしょうか?僕は正直言うと、ワクワクが今も止まりません。これを利用して、快適な研究生活を送ってみてはいかがでしょうか?なお、Web版では多くの人が見ている論文のデータが収集、研究者のSNSとしての機能があるらしく、まだまだ奥が深そうなサービスです。また何か面白いことがありましたら、レポート致します。


posted by とも at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

Google Analyticsによるアクセス解析:12/17-1/16

Google Analyticsを始めて1ヶ月が経ったので、簡単に記録を残しておく。


2009/12/17-2010/01/16

セッション(訪問数):1866 60.19/day
ページビュー:3340 107.74/day

訪問者、ページビューはこんなぐらい。トラックバックしてみたりした1/7以降はやや増えています。


トラフィックサマリー
ノーリファラー(お気に入りなど) 50.88%
参照サイト(リンクから) 32.84%
検索エンジン 16.28%

お気に入りが半分以上です。常連のみなさん、ありがとうございます。
参照サイトではtwitterが258と最も多いです。twitterの影響力を実感。
検索キーワードでは、「計量経済学 大学院 テキスト」が58がダントツのトップ。早くまとめ記事を書きたいと思っているのですが、なかなか手がつかず、すみません!(あまりテキストを知らないのもありますが…)
他は、「ともの学習帳」「ともの経済学」などが多い。出先からご覧の(?)皆さん、ありがとうございます!


地域別データ
日本が当然多いですが、海外からのアクセスもちらほら。アメリカはかなり多いですが、少数にはカナダ・イギリス・メキシコ・シンガポール・オーストラリア・インド・フランス・ケニア・チェコ・オランダ・ベルギーなど豊富な国々!(北米以外はセッション数1か2ですが笑)


こんな感じでした。今回は少し専門的な記事も残してみましたが、やはり勉強不足なこともあるので、このブログはあくまで(主に今後大学院に入る人向けの)日々の記録とし、広く社会への情報発信という目的はしばらく控えることとします。今後ともよろしくおねがいします!

posted by とも at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

Beamer導入

スライドを使った発表をすることになったので、スライドの準備をしている。


Texベースでの作成だが、以前powerdotを使ったことがあるのだが、もはやよくわからなくなってしまったので、今度はBeamerを使ってみることにした。


インストールは簡単(と言っても数時間使ってますが)。デザイン性もなかなか良いので、これを使っていこうと思います。まずは、自分のお気に入りのデザインを設定できるようにしたい。


主に参考にしたサイトは
LaTeX Beamerでプレゼンテーション
Beamerによるプレゼンテーション

無駄に時間を使ったのは「mktexlsr」を忘れたこと。ちなみに環境はx現サブ機のWindowsXP Homeです。

posted by とも at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

twitterはじめました

前々から興味があったので、twitterを始めてみました。まだ使い方はわかりませんが、適当につぶやいていく予定です。よろしければご覧ください。気に入ったらフォローしてください。

https://twitter.com/tomo_econ 今日は選挙に関していろいろつぶやく予定。
posted by とも at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

「死のエラー」からの復帰

行動経済学会の簡単なレポートでもすぐに書きたかったのだが、何で無理だったかと言うと、学会のあと


パソコンが壊れたからです。


タイミングとしてはこの4年間のうちでは、まだせっぱ詰まっていない卒論以外はやることがないのでまだましなほうだったが、それでも卒論が遅れるのは痛い。


症状は俗にいう「死のエラー(c0000218)」とのこと、レジストリの破壊により、windowsの起動ができなくってしまった。


親のパソコンで(今もそう)ググりまくり、以下のような対処をすることに。


1.CD-Rから起動できるOS、KNOPPIX(Linux系統)によりデータ救出を図る。
 A.ポータブルHDDを購入(救出先。持ってなかった)
 B.KNOPPIXをCD-Rに焼く。WINDOWSのデフォルトでは焼けないのでソフトを落とす。
 C.KNOPPIXを起動。WINDOWSのレジストリが壊れてるだけなので起動できるのです。
 D.HDDのデータをポータブルHDDに移す。(今ここ)

2.HDDをリカバリー。元の状態に戻るには時間がかかりそうだ…


何はともあれ、データが救出できそうなので一安心。皆いいますが、バックアップって大事!!


参考にしたサイトは以下の通り。他にもたくさんあるのですが、手当たり次第ググっていったので、書き落としたサイトも多く、申し訳ありません。サイト管理者の皆さん、ありがとうございました!


http://park12.wakwak.com/~iktryc/diary/2004/c0000218.html
http://www.knoppix-help.com/
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl?fid=02&kid=110010&sno=1939&rno=000
posted by とも at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。