2009年12月11日

経済史 経済学と経済史

少し前の話だが、日経のコラム「やさしい経済学」にて、東大の中林真幸先生の「日本の「長い近代化」と市場経済」という連載があって、非常におもしろかった。


基本的に日本経済史の話であるが、しっかりと経済学をバックグラウンドに語っているところがおもしろい。


個人的に気に入ったのは、第7ー8回の、製糸業の成果主義賃金で高給を得た女工が、田舎に帰って父や地主を恫喝するところ。


経済学では学際的分野の発展が目覚ましい。経済史に注目したケースもいろいろあるが、まだまだ分析できることがたくさんあると思う。僕も労働という面から、いろいろと注目している。(が、なかなか手を出す時間は無いんですよね…)

posted by とも at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

授業メモ1210

・エコノメ
System of Regressionに関して。Seemingly Uncorrelated Regressionモデルなどをやりました。パネルデータ分析をやる上の土台となるようです。


明日は修士論文報告会。ということは、あと1年です。重要なのでもう1度いいます。あと1年です。

posted by とも at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

授業メモ1208

・ミクロ
weak perfect bayesian equilibriumの説明。その後は応用例。TAセッションでは効率賃金のモデル。


posted by とも at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

授業メモ1207

・マクロ
動的計画法(Dynamic Programing,DP)開始。DPは(動学的)最大化問題を解くためのもので、他にハミルトニアンを用いる方法・変分法があります。



今日はあまり気分が乗らず。精神的にも安定性を欠くのが問題なんだよな…

posted by とも at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

授業メモ1204など

・労働経済(サーチ理論)
論文名は忘れましたが、同質な企業、同質な労働者であっても賃金格差が生じるようなモデル。On-the-job searchが鍵となっています。う〜ん、おもしろいモデルです。


午後は昨日に続きエコノメの課題。データを山の中から探し出し、Tobit分析。それなりにおもしろくなった気がします。

posted by とも at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

授業メモ1203など

・エコノメ
切断データの話。Tobit推定、Sample Selectionモデル(Heckit)、内生性を加味したモデル、などをやりました。Tobit推定とHeckitの違いがなぜかわかっていなかったので、わかってよかったです。

その後はレポートに着手。日本のデータではすぐにとれるものはなさそうなので、海外のデータを入手することにする。

英語の解説に苦しむ。そして、データの取り方に苦しむ。データの落とし方はわかったので、次は膨大なデータの中から自分がほしいデータを探す…といった感じでしょうか。

地味で時々イライラもしますが、大切なことなので丁寧にやりたいと思います。




研究会に出席する。今日は階層組織の話。情報、権限配分、階層構造などいろいろな話が出てきました。

最近「研究会に出席した」と書いていますが、先生方が議論している後ろのほうで小さくなって聞いてるだけです笑
posted by とも at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

マイクロデータ

今日はエコノメのレポートを仕上げた。今回は順序選択モデルを使えばデータはなんでも良かったのだが、(財)家計経済研究所などのデータは申請が必要で、結局授業で使った日経レーダーのデータを使った。


アメリカではどうなのかはまだ見ていないが、データを扱うのは大変だなぁ、と改めて感じた。
posted by とも at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

授業メモ1201

・ミクロ
中間だった。授業やTAセッションでやった内容なので、しっかりできたと思う。内容は、ベルトラン、シュタッケルベルク、Zelmeloの定理、2回繰り返しゲーム(各ゲームに複数均衡がある)、オークション。TAセッションではオークションとダブル・オークションをした。



ミクロはしっかりできたので良かった。期末はマクロの比率を高めにすることなりそう。とにかく、体調管理を含め甘さが散見したので、もしかしたら最後の「テスト」になるかもしれない期末に向けてがんばりたいです。

posted by とも at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

授業メモ1130、マクロ中間

・行動経済学
Carrillo and Mariotti(2000)を基に、双曲割引に関する話。双曲割引を用いることで、意図的に情報を無視するstrategic ignoranceを発生させています。例えば、喫煙をしないために喫煙に有利かもしれない情報(思っているよりリスクは小さい)を無視する、ということです。


・マクロ
中間テスト。十分に勉強はしたつもりだったのですが、穴がいろいろあって、ものすごくコケてはないけどできてもいない、といった感触です。正直どこかで甘く見ていたので、素直に反省。期末で挽回せねばな〜。



明日のミクロ、がんばります。

posted by とも at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

復帰、授業メモ1127

結局丸4日もきゅうように費やした。今日も不安だったが、気温が高かったので思っている以上に快適に過ごせた。でも、帰宅したらやっぱり疲れがくるのが早い。


中間は普段の授業それなりに復習してきたので何とかなりそう。あと2日、体力を保ちつつ計算練習です。



・労働経済(サーチ理論)
今回はnon-Random Matchingについて。Stock-Flow Matchingという。以前からいる失業者と今できたばかりの空席がマッチする、というモデルです。実証についてもいくつか。

posted by とも at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

授業メモ1120

・労働経済
引き続きのEndogeneous Job Destructionモデル。いろいろ計算しました。そのあとは実証モデル。Matching function(求人倍率の関数)は、
多くは「1次同次」との結果が出るそう、すげーなー。


今日は研究会に顔を出しました。倒産法(主に担保権消滅について)の話がおもしろかったです。学部のときは民法・民訴法・商法・会社法くらいは一応学んだので、興味は変わらないようです。いつかはローエコにも参入したいけど…

posted by とも at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

授業メモ1119

・エコノメ
宿題のReviewと多項選択モデル。多項になると数学的にも煩雑で、なかなか大変です。Conditionalのほうは大変だったな…。来週はさらに複雑な多項選択モデル。


今日は先輩方と飲みに行きました。いろいろと身の締まる思いです。研究、がんばります。
posted by とも at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

授業メモ1117

・ミクロ
主に繰り返しゲーム。もっといろいろ知りたいことがあるな〜とも思いました。日本人ですから笑 あとはsequential rationalityの話をいくつか。

再来週のテストは繰り返しゲームまで。計算問題だと、混合戦略・Bayesian Nash均衡・繰り返しゲームあたりをしっかり押さえておきたい。あとは、定理や命題の証明がどこまで出るかだな…






posted by とも at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

授業メモ1116とテストの話

・行動経済学
Overconfidence(自信過剰)の話。Santos-Pinto and Sobel(2005)AERの紹介。モデルの特徴は、

・複数のスキルに対する投資の問題を考える
・playerはスキルに対する「自分なりの」重要性を加味し投資を行う
・結果的に「自分としては」良い結果が得られ、「良い」と認識する。
・しかしそれが本当に良いかどうかはわからない。

といったところでしょう。自信過剰の問題を投資の問題にした鮮やかさに目から鱗でした。

これだけでは全ての自信過剰の現象を説明できるわけではありませんが、有用なモデルだと思います。推定・実証できそうなことも、いくつか考えました。


・マクロ
lab equipmentモデルで、特許を有限にしたモデル。計算が煩雑になります。さらに、Romerモデルを拡張したなんとかさんのモデル。過去の研究開発が現在に正の影響を与えるか、負の影響を与えるか、という話です。



さて、マクロの中間試験が11/30ということが決まりました。ミクロは12/1。悪夢の2日連続です。(予想されてたことではありますが…)他にも宿題がいくつかあり、慌しい2週間となりそうです。
posted by とも at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

論文メモ1115

Charness(2004)"Attribution and reciprocity in an experimental labor market"Journal of Labor Economics


労働市場を模した実験に関する論文。目的は、「より高い賃金(incentive payではなく、固定給)を支払うと、労働者より高い努力をを行う」という仮説を実証で確かめること。もちろん、伝統的経済学での解は「労働者は最低水準の努力を行う」です。


結果は、

・賃金と努力は比例する
・賃金が「意図的に選ばれたか」「意図せず選ばれたか(機械や第三者が選ぶ)」が影響を及ぼす。前者のほうが努力の賃金に対する反応が大きい。
・互恵性には、「負の互恵性」(低い賃金に低い努力で返す)が見られ、「正の互恵性」(高い賃金に高い努力)は見られない。


といったところです。互恵性以外にも説明が可能な気がするので、さらに緻密な分析が必要な気がしました。
posted by とも at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実験補助

今日は経済実験の補助をした。実験をするに当たっては、かなり多くの雑務が必要である。実験は近い将来すると思うので、今日は非常に良い勉強となった。


実験をするには、その効果を最大限発揮するために、いろいろと考えなければならない。その実験は1度きりしかないのだから。

posted by とも at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

授業メモ1114

・エコノメ
Stataの実習。単に動かすだけならすごく楽でした。EviewsやRよりも簡単だった印象です。Logit推定とProbit推定を行う課題もさくっと終わらせました。来週の多項選択モデルからが大変そうですが…

posted by とも at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

授業メモ1112-13

・エコノメ
二項選択モデル。これからは課題(Stataを回す)が毎週出るようです。モデルやデータが決まっている分、楽ですがね。1学期はどんなモデルを立てるかで苦労したなぁ…


・労働経済
job destruction rateを内生化したサーチモデル。もともと「一般均衡」的考えが苦手なようで、しっくりこないことがサーチではよくある気がしますね…



明日はStataの実習があります。

posted by とも at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

TAセッションとは

fearonさんのコメントに返信します。

>TAセッションとうのは何でしょうか?勉強会ですか?

大学院のコア科目には、1科目につき1-2人のTA(Teaching Assintant)の大学院生(阪大では、博士後期の人が多いです)が付いています。

通常の授業に加え、阪大では週1でTAの方が授業をしてくださいます。これがTAセッションです。内容は、練習問題の解説や授業の補足などです。
教員の授業では主に理論をやるので、こういった「問題の解き方」の解説は非常にためになります。



このブログは専門的単語を乱発するので、もしわからないことがあればぜひ質問してください〜。(もちろん、ある程度はGoogle先生に聞いてからですよ!)
posted by とも at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

授業メモ1109-10

・行動経済学
Benabou and Tirole(2006)を元にprosocial behaviorと金銭的インセンティブに関する考察。その後はover confidenceなど。


・マクロ
微分方程式の復習をしたあと、Romer(1990)を分析しやすく簡約化したlab equipmentモデルの解説。来週からついにDynamic Programming!


・ミクロ
Dynamic gameに入る。Subgame perfect NEなど。TAセッションではgibbons本文にあるゲームの解説。



今日はゼミで新入生歓迎会をやっていただきました!
posted by とも at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。