2011年02月27日

2011年2月のまとめ

2月は振り返ってみると、心身ともにあまり調子が良くなかったようで、上手く研究が進みませんでした。
後半はかなり調子が改善したので、3月はこの好調を維持してばりばり進みたいです。

<研究活動>

☆実験室実験実施
☆とある原稿作成
  →そのうち告知します♪
・実験データ処理
Salanie "The Economics of Contracts: A Primer, 2nd Edition"読み始める
・RA(データ処理)

<研究会等出席>

・AMTW
・関西労働研究会

<読んだ本>

今月も全然読めてません。。。読んだといえるものはこれだけ。



 →就活特集ということで読みました。雑多ですが、面白い記事もありました。

<その他>
・ゼミ送別会(幹事業)

<予告>

3月13日、阪大豊中キャンパス最寄りの石橋商店街で行われる「いしばし文化祭」にて、一般向けに私の研究紹介を行う予定です。後日正式に告知します!


posted by とも at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか新しい記事がないから勝手に書いてしまおう。
管理人さんは気づいたら勝手に削除しちゃってOKですよ!

最近読み終わった、というか再読したんだけど、本で「生き延びるためのラカン」斉藤環著はとてもよかった。
白眉はエディプスコンプレックスと三界の解説と対象aのあたり。
特にエディプスコンプレックスは長年不満があったけど、最近の読書会で構造主義をかじったこともあって、エディプスコンプレックスを隠喩としてつまり何を説明したいか、が分かったのがよかった。今ではエディプスコンプレックスには全く不満はない。
三界の説明は認識論としてとても共感出来る。
対象aは、コレクションや消費を前提しない買い物について考える上で必須何じゃないかと思う。

前に読んだときは一体どこを読んでいたのかと思うくらい今回は収穫があった。
Posted by inoooopy at 2011年06月10日 02:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。