2010年12月23日

映画「ソーシャル・ネットワーク」学生試写会&ディスカッションに行ってきました

ひょんなことから、先日20日に阪大で開催された『映画「ソーシャル・ネットワーク」学生試写会&ディスカッション』に参加させていただきました。(しかも、学生スタッフとして。)

第一部は試写会。この映画はfacebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグを主人公とした実話に基づくもので、日本では来年1月15日公開となっています。監督は『セブン』『ベンジャミン・バトン』などのデヴィッド・フィンチャー氏。

物語は、マークがハーバード大学にてfacebookのもととなる「フェイス・マッシュ」を作るところから、facebookの会員が100万人を突破するところまで(ちなみに現在は5億人!)を中心に描かれています。

派手なシーンや、魅力的な人物たち…はありませんが、その分セリフや演技、複数の時系列を交えた構成などの要素が際立つ、とても良い映画に仕上がっていると思いました。また、アメリカ的文化を様々な視点から(大学文化・起業文化・訴訟文化など)捉えることができる、という点もおもしろいです。

第二部はディスカッション。学生40名ほどを7グループに分け、「この映画にキャッチフレーズをつける」というテーマで各自話を行いました。

僕は議論の進行役(ファシリテーター)として参加しましたが、人数が少なかったこともあり議論にもいろいろと参加しました。ただ、しゃべりすぎて進行に支障が出ててしまったので大いに反省しています。

最後は各グループによる発表。どのグループも様々な良い視点が出ていて、またプレゼンも良く、楽しめました。僕の班はフレーズが出るのがギリギリになってしまい、詰めがいろいろ甘かったな…と感じています。

院生になってからはこういう機会もあまりなかったので、いろいろと勉強させていただきました。当日の様子はUstreamのアーカイブに保存されています。(僕を探さないでください。)




運営サイドの皆様、参加者の皆さん、ありがとうございました!

再度ですが、良い映画なので、公開されましたらぜひ見てください!
posted by とも at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。