2010年09月28日

[読書ノート] ルポ生活保護

ルポ 生活保護―貧困をなくす新たな取り組み (中公新書) 本田良一著


最近は経済学徒らしく(?)データや論文ばかり眺めている。現場の声を聞きたいな、と思っていたので手にとったのが本書。しかし、予想に反して、内容としては生活保護に関わるデータや事実関係(特に政治に関わるもの)が中心である、との印象を受けた。

情報量は豊富であり、生活保護の現状、生活保護システムの全体像・問題点を網羅的に知りたい方におすすめしたい。

以下の2点に問題があると感じた。

1.データ・情報が羅列になっている
情報が豊富なのは間違いないのであるが、それが上手く整理できていない印象を受ける。様々な数値も文章中で漢数字で示されることが多く、なかなか頭に入ってこない。頑張って読みきったが、半分程度で飽きてしまったのは事実である。

2.筆者の意見はどこ?
全体として、筆者の意見や主張が見えず、「顔の見えない」本だな、と感じた。意見や主張に当たるものも、識者の引用であるケースが多い。特に第七章「どう改革するか」は数々の政策が簡単に紹介されているだけで、残念であった。

この2つの問題は、筆者の本田氏が新聞社員であることに起因していると思う。データを示し、記事中では意見をいれない、というのは新聞の基本的スタンスであるが、それをそのまま新書にしてしまうと違和感を感じるのであろう。媒体と文の書き方は必要に応じて変えなければならないな、と再認識した。


次の記事では気になった箇所にコメントしていく。




posted by とも at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。