2010年02月05日

The Economics of Imperfect Labor Markets

"The Economics of Imperfect Labor Markets"を購入しました。日本の労働市場は完全競争とはほど遠く、様々な規制が張りめぐされています。「労働市場を規制緩和せよ」と言ってもどれから手をつけていいかわからないくらい複雑です。ある規制がどのような意味を持つのか、また規制間の相互関係がどうなっているのかを勉強する必要があると思い、購入。春休みの課題とします。


目次は以下の通り。興味のあるとこから読んで行っても良さそうなので、Minimum wagesとWorking Hoursあたりから読もうと思います。

1. Overview
2. Minimum Wages
3. Unions and Collective Bargaining
4. Payroll Taxes
5. Regulation of Working Hours
6. Retirement Programs
7. Family Policies
8. Education and Training
9. Migration Policies
10. Employment Protection Legislation
11. Umemployment Benefits
12. Active Labor Market Policies
13. Institutional Interactions

しかし、労働経済の守備範囲は幅広いなぁ…

(※労働経済のレポートは無事かわからないけど終了!)
posted by とも at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。