2010年01月30日

授業メモ0129

昨日で本年度の授業も全て終了となりました。残るはテストのみです。

・労働経済(サーチ理論)
Accemoglu and Shimer(1999)JPEのEfficient Unemployment Insuranceについて。普通に考えると、失業保険は「保険機能(risk-sharing)」と「働くインセンティブを減らし、全体として生産性が落ちる」ことのトレードオフにあるように見えますが、そうではなく、失業保険の上昇がリスクをカバーするとともに生産性も上げる、というモデルです。企業の投資行動がモデルに入っているのが重要なようです。ストーリーとしては

失業保険を上げる

労働者が「失業リスクが高いが生産性の高い仕事」に応募するインセンティブが高まる

企業が投資を増やし、生産性の高い仕事が増える

という流れのようです。非常に興味深いモデルだと思いました。

posted by とも at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139794569

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。