2010年01月21日

授業メモ0121+計量レポート

・計量
最後の授業。Logit(Probit) modelとTobit modelをパネルに適応したものと、擬似パネル。擬似パネルとは、パネルデータではないが、同じグループ(地域など)に属する人をまとめて、パネルデータとして扱うものです。

授業後はFinal Reportにとりかかる。National Longitudinal Surveysからデータを抽出しまくる。"KEY VARIAVLE"に重要な変数がまとまっていることに気付かず、無駄な苦労をする。

8年分12000人くらいのデータが集まり、計量分析。STATAのメモリが足りなくなり、メモリ割り当てを行う。実証分析はそれなりに上手くいったと思います^^ レポートも一応下記上がり、一安心。
posted by とも at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。