2010年01月18日

授業メモ0118

・行動経済学
今日は先生の研究をもとに、Confirmity bias(みんなと一緒の行動をとってしまう)やStatus-quo bias(一度とった行動を変えない)を検討する。Time-inconsistencyがあるような問題を扱う場合、通常のゲームと比較すると一風変わったintra-personal game、つまり自分と自分(過去と将来など)を扱うことがあります。これがなかなかおもしろい。


・マクロ
今日よりNew-Keynesianモデルに突入。家計の問題をごりごり解いて、Calvo-priceing(価格改定の機会が確率的に訪れる)を導入した企業の問題をこれまたごりごり解く。計算がたくさんがあったので要復習です。とりあえずDixit-Stiglitz型の効用の最大化問題を解くのがまだ慣れてません。。。

posted by とも at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。