2009年07月30日

3連戦:最終日

エコノメ終了。これは学部のときに何回もやっているのでできたと思います。


3連戦がこれで終了。全体的にベストは尽くせたかな〜。マクロは「ベスト」の状態がすでに悪かったので、再試験に向けてがんばりたいです。


3日に労働経済試験提出、5日にマクロ再試験。まだまだ一踏ん張り!

posted by とも at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

3連戦:中日

マクロ終了。やはり勉強不足でしたねえ…再試験にむけて勉強します。明日はエコノメ。

posted by とも at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

3連戦:初日

ミクロのテスト。

大問1
a 生産集合がconvex→cost functionがconvex を証明する
b なんかごちゃごちゃしたlotteryの選好をindependent axiomから証明
c offer curveとcontract curveの定義、それが交差する点は?

大問2
第1財から第2財を(f)、さらに第2財から第3財を作り出す(g)(2財もそのまま売れる)生産集合に関する問題。
a production setを定義
b fとgがconcaveのとき、 production setはconcave?
c fとgがconcaveのとき、production setは収穫逓減?
d fとgに具体的な関数を指定した上でsupply functionを求める問題

大問3
2消費者(効用関数がコブダグラス)、1企業(生産関数は線形)の競争均衡に関する問題。


今回は中間のような失敗はなく、それなりの出来ではないかと思います。挽回しようとかなり力を注いだので、良かったです〜。一安心。


明日はマクロ!
posted by とも at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

あと1日。ぼやき。

テストが明後日にせまってきました。ミクロは飽きるくらいやったから、なんとかなるんだと思うけどなあ。でもそれでも中間は失敗したからなあ。


とにかく体力はしっかり温存していこうと思う。近畿でも天候急変が多く、ペースが乱れる。

posted by とも at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

更新が滞ります

さて、いよいよテストまで1週間となりました。テストと休息に全力を注ぎたいので、更新が滞るかもしれません。8月に良い(少なくとも悪くない)報告ができるよう努力します。

各地でコースワークを迎える皆さん、がんばりましょう!
posted by とも at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

期末試験について

阪大ではこんな感じです。

・ミクロ
Uncertainty,Producer Theory,Walras Equilibrium,Welfare Theoremが範囲。
Uncertaintyを確実に素早く解き、Walras Equilibriumの計算問題も落とさないことがまず重要だと思われる。中間のようにコケないよう、手広く勉強しておきたい。

・マクロ
1-4から1問ずつ
1 成長理論(Solow-Swan,Ramsey,内生的成長)
2 Real Business Cycle
3 世代重複モデル(Blanchard-Yaari)
4 世代重複モデル(Diamond-Samuelson)
(人名のつづりがあやふや…)
範囲が多い。多すぎる。再試験があるのが救い。
1,4,3,2の順(自分の中での難易度順)に勉強する予定。

・エコノメ
構造変化推定、不均一分散、系列相関、操作変数、単位根と共和分。
基本的なことを問うかEviewsの結果を解釈する問題なので、ミクロマクロに比べれば楽。
でも逆にしっかり成績をとらなきゃいけない。
あと最終レポートの提出があります。
(もう1つのエコノメは数理統計の計算問題が中心らしい)


あと僕は労働経済のTake-home-examがあります。


posted by とも at 01:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

マクロQuiz

マクロの小テストがありました。サーチと政策の時間非整合性から1問ずつ。

ヤマが外れたのもありますが、時間内にほとんど解ききれませんでした…

小テストの価値は少ないので大きな問題ではありませんが、比較静学をやる際に「直線がどちら側に動くか」というのをスムーズに解けないのがかなり問題です。期末までになんとかしないと。


posted by とも at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

7/6-10のまとめ

・ミクロ
競争均衡。主にエッジワースボックスの解説で、この辺は中級レベル。TAセッションは宿題3の解説。宿題4は一応解き終わり。

・マクロ
世代重複モデル。式がたくさんあったことしか覚えていない…

・エコノメ
主に単位根検定。レポートで用いている変数が単位根をほとんど持っていて困っています…(単位根を持つと変数が非定常、すなわち期待値や分散が発散してしまうので推定に問題が出てきます)

・労働経済
賃金差別。「需要独占の状態だと、最低賃金をあげることで労働量が増えることがある」という事実が興味深かったです。


来週は宿題を終わらせ、テスト勉強に集中できるようにしたい!(しかしマクロの小テストが入ってしまった。。)


posted by とも at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

歴史を学ぶ

僕が学部入学前に「勉強したかったこと」で最もできなかったのは、たぶん歴史系の授業です。

とんでもない学部入試のための勉強をいろいろしていく(労働組合史をめちゃめちゃ勉強したりとか…)うちに授業もいろいろとりたい!と思っていたのですが単位の都合などもありほとんどとることができませんでした。

『ソウルフルな経済学』をようやく読み終えたので、今回の空き時間読書には『ビジネスの歴史』を選択。

「ビジネス」と呼べるものが始まった19世紀イギリスから、現代に至るまでまとめられているようです。「ビジネスの歴史」といえども企業の外部環境についてもしっかり書いてあるようで、経済学的視点からも楽しめると思います。

ソウルフルのレビューも早めに書きたいですね。。。

posted by とも at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/29-7/3のまとめ

・ミクロ
宿題3を提出(スルツキー方程式、WA、不確実性)。
宿題4が出る(落ち着けないね〜。生産者理論と一般均衡。)
生産者理論が終了。来週からは一般均衡。
TAセッションではstochastic dominance。あんまり使わないみたいですが、おもしろかった!

・マクロ
Real Business Cycleが終わり、Overlapping Generationへ。相変わらず進度が早い!

・エコノメ
宿題(操作変数推定)を提出。授業は時系列分析。最終課題まで出たので、早めに片付けたいです!モデルは修正する必要がありそうだな〜。

・労働経済
人的資本の実証の話…でしたが手元にノートが無く忘れてしまいました。そろそろ期末を視野に入れたほうが良いかなあ。コースに比べて重要度は低いですが…

posted by とも at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

1学期最後の月

7月になってしまいました。月末には期末テストもあるので、いよいよ差し迫ってきた、といった感じでしょうか。

出ている課題を早めに片付けて、テスト勉強に集中していきたい!やっぱりマクロがやばいです泣 ミクロの中間でコケているのがやっぱりプレッシャーになってる。。。


posted by とも at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

最低賃金の議論

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/top/index.cfm?i=2009062909627b1

最低賃金の改定論議がスタートするらしい。昨年度は労働側も「1000円を目指す!!」と気合が入っていたように思うが、今年はそうではないようだ。

「最低賃金を上げると影響を受けるのは誰か」というのはしっかり考えてほしいです。最低賃金周辺はバイト・パートが多く、コストが上がれば解雇も容易なのです。

経済学による実証分析の成果が活かされることは、あるのでしょうかねぇ。

posted by とも at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。