2009年02月28日

志望動機を考え直す

基本的に「阪大行きます(昔は行こうと思う)」言ったら「なんで?」って聞かれます。


昔は「阪大の労働経済学は云々」と軽く語っていたのですが、最近では「大学に4年間いたらもう飽きました」と答えています。


もちろん前者も重要な理由なのですが、やや「言い訳」に近いような気がして、後者のほうが確実に当てはまると思っています。


面白いのは、後者の意見を理解してもらえる人がかなり多いこと笑 みんな4年いたらそれなりに満足なんですね。


posted by とも at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学院受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

アイデアはいつ生まれるか

自分は『飲み会の帰り』が一番多いような。



今日は引っ越した友達から本を何冊か譲り受けました。余裕あったら読んで行こうと思います。


posted by とも at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

引越し準備中

引越し準備で掃除したり物の整理したりして、勉強が思うように手に付きません。


今の家に引っ越して十数年経ちますが、その間大規模な整頓をほとんどしなかったツケですね。。。


posted by とも at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

『公務員の人材流動化がこの国を劇的に変える』

『公務員の人材流動化がこの国を劇的に変える―奇跡を起こす「5つの急所」』

を読みました。

「官は官、民は民」と分裂している雇用を流動化、すなわち「官から民、民から官」への流れを作ることで、日本を変えようという提言。


著者は元外務省で、現在は人材コンサルタントの山中俊之氏。ケンブリッジ大で開発学修士、阪大で博士号(組織人事マネジメント)も取得している。


公務員から民間への転身、民間から公務員の転身への社会的利益をまず説明し、その実現可能性を様々な人と話した、あるいは働いた経験から主張している。特に官僚と労組からの反対も織り込んだ上での記述は現実的で素晴らしいと思った。


私も経営学、経済学を学習する過程で硬直的な雇用制度は現代では非効率的なことはわかる。ここまでは多くの学者も指摘している思うが、どうも地に足が着いていない議論となってしまうことともある。この本は現実を見据えた上で「理想」に近づこうという筆者の強い意志が見えた。読みやすくわかりやすく、良い本であった。


たまには経営学の勉強もし直そうかなぁ。


ちなみに、2月21日付の朝日新聞18面に元文部科学省、現在はコンサルタントの山本直治氏が類似の記事(公務員叩き―適材適所の転身を阻むな)を書いている。


posted by とも at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

『だまされないための年金・医療・介護入門』

『だまされないための年金・医療・介護入門』

を読みました。

年金制度・医療保険・介護保険について、制度の概説、制度の問題点、筆者の主張が盛り込まれている概説書です。著者は学習院大学経済学部の鈴木亘先生。

まとめると、

・現行の「賦課方式(若い世代の保険料が高齢世代の負担を支える)」から「積立方式(負担は自分たちが積み立てた保険料で賄う)」への移行を主張する。

・理由は前者において、少子高齢化により若い世代が「支える」ということはもはや不可能。世代間の損得の差も激しく、制度として維持不可能。(特にp29の世代別損得計算の表は圧巻。1940年生と2005年生では8340万円の差が出てくる)

・社会保障の目的は「所得再配分」にあるのではない。所得再配分は他の適切な手段で実行されるべき。

・厚生労働省とその主張を擁護する「社会保障の専門家」は現実を見てしっかりしてください。



といった内容です。入門書であろうと制度が複雑なので若干読み飛ばしてしまった部分がありましたが、「現状」「経済学の理論」「筆者の主張」がきちんと区別されており、全体的には読みやすかったです。

「社会保障の専門家」の「間違った」意見も直接読んでいれば、よりこの問題に対する理解が深まると思いました。

もう1〜2回読んでしっかりと理解を深めたいところです。



posted by とも at 00:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

連合の寄付講義

一橋には昨年度から連合の寄附講義というものがあります。労働問題には当時から興味があったので、私も昨年度参加しました。


連合からは高木剛会長初め、古賀伸明事務局長など幹部クラスの方々や、会長選に立候補して破れ有名になった(ただし得票数は予想よりはるかにおおかった)鴨桃代氏などがお話してくださり、力を入れていることが伺えた。


また昨年度は半期の授業であったが、本年度は半期の授業を2回行い、1つは「非正規労働」に焦点を絞るなど連合側の意欲が見られた。


昨今いろいろ悪いことを言われている連合であるが、そもそも大学生は「ロウドウクミアイ」とは何かが(我々社会科学系の学生であっても)ほとんどわかっていない。労働組合の歴史から実際の活動など多岐に渡り話していただき、働くことへの関心を高める「労働教育」の一つの形として、この寄附講義は評価できると思います。


もっともも、社会科学を学ぶ者としては、労働組合の活動については一歩引いて冷静な分析が必要。この寄附講義の良かったところは、大学側の担当教官が労働問題が専門ではなく、かつ労組の役割を(あえてかもしれないが)否定する質問をしてくれたので、より立体的な「労働組合」像が浮かび上がってきたところにあります。


おすすめ授業の1つなので、学部に関わらず履修(またはもぐる)すると良いのではないでしょうか。

posted by とも at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

4月までの勉強

今日は若手研究者の方とお話させていただく機会がありました。大変有意義な時間で、今後の研究生活をスムーズに始められそうです。



春休み中に何を勉強するか迷っていましたが、決めました。コースのミクロとマクロの予習をします。エコノメや数学は今年1年割とやったほうなので、そこまで緊急性はないと判断しました。



テキストは(ミクロは昨年度のシラバスを参考)
Varian, H. (1992), Microeconomic Analysis, 3rd ed., W W Norton & Co.
Ben Heijdra and van der Ploeg, Foundations of Modern Macroeconomics, Oxford University Press
です。ゆっくり確実に読んでいきたい。

posted by とも at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済数学補習

阪大から資料が届きました。今年も、年度開始時に数学の補習授業があります。

テキストは『Fundamental Methods of Mathematical Economics』
。いわゆる「チャン」の原著です。

幅広いトピックを扱うのかと思っていたのですが、どうやら微分と最適化を中心に行うようです。一橋の経済数学1もなんだかんだそうだったからなぁ。

予習は直前にするくらいになりそうです。むしろ位相などを独学でしっかりやっておく必要がありそうですね。


posted by とも at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

数学の学習に関して

コメントでの要望もありましたので、数学の学習経験と体験談でも書きます。


数学は基本授業を受けて進んでいっています。それ以上は必要なときに、やるくらいです。

授業の利点
・ペースメーカーになり、安定して勉強が続けられる。
・ノートをとるのでひととおり書いて学習することになる。
・独りよがりな解釈を防ぐことができる
・宿題でいろいろな問題をあたることで大きな実力アップが期待できる
・「成績」によるインセンティブ効果

授業の欠点
・宿題が少ないと演習量が少なくなりがち(「受けるだけ」になる)
・なんだかんだ先生の実力に理解力が依存する

といった感じでした。理想は「授業とって復習を十分して、演習もして、先生への質問に積極的に行く」っていうありきたりな感じになるでしょうか。
あとはやはり「数学の得意な友人」。これですね。
(僕は悪いことに人に質問するのを避けてしまうので、先生にも友人にもあまり相談しません…これは直したいところです)


理系には数学の授業に「理論を学ぶ(証明とかをがっちりやる)」のと「演習」の授業があると聞いたのですが、どうなのでしょう?だとしたら、うらやましい限りです。



テキスト、参考書についてですが、どの参考書も長所短所あるので、何種類か使い分けることが必要だと思います。
僕は解けない問題が出るたびに図書館の数学コーナーで本を漁り続けました笑
基本的なことならwebsiteもいくつかあって便利です。

また、「経済学」に比べ数学は忘れやすい学問だと思うので、時期を置いて何度も特訓することが大事なようです。
(ゲーム理論のとあるゼミでは数学特訓が定期的にあるらしい)



…大したこと書いてませんねぇ。「数学」コーナー次回は参考書のレビューをします。


おまけ(一橋でとった数学関連の授業一覧)

(教養科目)微分積分1・2、線型代数1・2、集合と位相1、微分積分続論
(経済学部)経済数学1、数量経済分析、確率・統計、統計学

集合2、解析学あたりはとりたかったなぁ。


posted by とも at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

アクセス解析

seesaaブログにはデフォルトでアクセス解析がついている。

最近は

訪問者数 35〜70人/日
PageView 200〜350/日

といったところである。思っているよりも多くの方々に見ていただいているようで、大変光栄です。

これからもマイペースで更新していこうと思います。

posted by とも at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

上級計量の結果

上級計量の最終成績はBでした。

成績は小テストと中間試験、期末試験の加重平均で決まるのですが、小テストはA相当、中間はB、期末はB〜Cくらいでした。

ざっと見た感じ、僕はBの中間くらいで、Aをとる層とBをとる層にはかなりの隔たりがあるといった印象です。

力不足を感じる結果ではありましたが、卒論優先で動いてきたこともあるので、落ち込むということはありません。春からの「本番」のコースワークに向けてがんばろうと思います。(上級計量に関してはまた記事を書きます)




阪大の2009年度の「時間割」が公表されました。マクロ・エコノメのTAセッションはまだ入ってません。

早くシラバスがアップされないかなぁ、と思っています。マクロ1は先生のサイトが開設されています。(http://tono1970.web.fc2.com/09macro1.html
さっそくテキストを購入しよう。マクロは最も不安なので…



明日には「数学」の記事をアップしたいと思っています。

posted by とも at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

柔軟化

前までは「博士号orPh.Dをとって学者になりたい」と強く思っていたが、最近考えが変わって、後者の部分はもっと柔軟になろうと思う。民間に出ても良いし、公務員とかでもいいんじゃないかと思っている。議員なども前々から一定の興味はある。


どこに自分を必要としてくれる人がいるかはまだわからない。自分が十分に能力を発揮できるおもしろい現場があれば、それで良いのではないだろうか。


いずれにせよ、専門の知識をしっかり身につけるため、博士はしっかりとろうと思う。10年後、博士号の日本での評価はもっと上がっているだろう。今勉強しなければいけないことには、変わりはない。

posted by とも at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

新居決定

大阪に行き、家を決めてきました!手ごろな値段で広め・大学近め・閑静な住宅街となかなか良い条件が揃った物件を契約することができたので、勉強に集中できそうです。


必要なものや契約などを考えると、いろいろあって大変そうです。でも、初の1人暮らしになるのですごく楽しみでもあります。3月の中旬に引っ越します。


明日は上級計量の期末。正直気合あまり入ってないですね。。。押さえるところはしっかりと押さえたいです。


posted by とも at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

卒論終了!

卒論が終わりました(訂正等あるかもしれませんが)。疲れが出てぼーっとしています。でも思ったよりも達成感があります。


卒論の反省等、またいろいろ書きたいと思います。書きたい記事もたくさんあります。


明日から大阪に行くので、その準備をしなきゃ。。。
posted by とも at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。