2008年12月24日

「死のエラー」からの復帰

行動経済学会の簡単なレポートでもすぐに書きたかったのだが、何で無理だったかと言うと、学会のあと


パソコンが壊れたからです。


タイミングとしてはこの4年間のうちでは、まだせっぱ詰まっていない卒論以外はやることがないのでまだましなほうだったが、それでも卒論が遅れるのは痛い。


症状は俗にいう「死のエラー(c0000218)」とのこと、レジストリの破壊により、windowsの起動ができなくってしまった。


親のパソコンで(今もそう)ググりまくり、以下のような対処をすることに。


1.CD-Rから起動できるOS、KNOPPIX(Linux系統)によりデータ救出を図る。
 A.ポータブルHDDを購入(救出先。持ってなかった)
 B.KNOPPIXをCD-Rに焼く。WINDOWSのデフォルトでは焼けないのでソフトを落とす。
 C.KNOPPIXを起動。WINDOWSのレジストリが壊れてるだけなので起動できるのです。
 D.HDDのデータをポータブルHDDに移す。(今ここ)

2.HDDをリカバリー。元の状態に戻るには時間がかかりそうだ…


何はともあれ、データが救出できそうなので一安心。皆いいますが、バックアップって大事!!


参考にしたサイトは以下の通り。他にもたくさんあるのですが、手当たり次第ググっていったので、書き落としたサイトも多く、申し訳ありません。サイト管理者の皆さん、ありがとうございました!


http://park12.wakwak.com/~iktryc/diary/2004/c0000218.html
http://www.knoppix-help.com/
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl?fid=02&kid=110010&sno=1939&rno=000
posted by とも at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

行動経済学会に行ってきました

一昨日の話になってしまいますが、学部生という身分ながら、第2回行動経済学会に行ってきました!


岩本・斎藤・松島氏による豪華な特別セッションと、多田氏による報告を聞いてきました。大変興味深く、参考になる部分が非常に多かったです。


詳しくはまた後日書きます。


posted by とも at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

記録つけはじめ

今お世話になっている先生からの薦めで、勉強の記録をつけることにした。思い立ったが吉日!これにより「いかに自分が勉強していないか」がわかるとのこと笑


少し前には学部は違う院の先輩から「読んだ本の整理」をしたほうが良いと薦められている。整理とは物理的ではなく何を読んだかのデータ化という意味。(いや、物理的にも整理しなければならないが)年内にさくっとやってしまいたい。


両方ともブログでつけようと思っていたのだが、ブログというのはそこまで便利ではない。上手く連動できればいいのになぁ。


そういや、夏休みに個人のWebsiteを創ろうとも思っていた。3月までにできるかな?


posted by とも at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

たばこ税増税見送り

ご無沙汰しております。


国会中ということで、様々な法案の審議が行われているようです。気になる法案もいろいろあります。


もちろん自分としての目玉は雇用対策法案ですが、今日はたばこ税増税に対してコメント。


たばこ税増税が見送られた模様ですが、この問題は、「健康問題(医療費削減)」と「財源確保」の議論がごちゃごちゃに交わされている印象があるので、良くないですね。


前者の意味での増税は良いと思いますが、後者は財源としての不安定性から私は否定的です。(実際もそうなりました)そもそも、たばこに税金をかけるのはたばこの吸引による外部性などに対処するためであって、社会保障の財源にしようとするのは筋が違うのではないかと思います。


posted by とも at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

卒論発表を終えて

卒論発表が、無事終わりました。後は論文の形に書いて、提出すれば卒論は終了です。(と同時に卒業確定!)


タイトルは「戦後日本から見る経営者団体・労働組合の政治的影響力」となりました。


今から反省をつらつら述べます。まだ終わってないけど。


あらゆる面が中途半端だったと思います。経済学による社会の分析の難しさを実感しました。


中途半端1
分析の中途半端さ…戦後日本の経営者団体・労働組合をざっと概観しただけで、各団体の動きにわからないことが多すぎます。

中途半端2
学んだ理論をほとんどいかせていない…実際ほとんどがただの展開形ゲームのような。。。


今考えれば構想の時点で、欲張りすぎたかもしれません。そもそも一般的に利益団体の影響力を測ろうとしたのが今の自分の実力にあっていませんでした。


もっと具体的な事件を追っていれば、楽しかったと思います。例えば「三井三井争議の経済学的分析」とか。


もともと「卒論は卒論」と割り切っていて先につなげる気はなかったのですが、それにしても不満の多いものとなってしまいました。



posted by とも at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

流行語大賞

今年の流行語大賞が発表された。このブログで関係するのは、以下の2つであろう。


「名ばかり管理職」
「蟹工船」


労働問題/貧困問題がトップテンに2つも入ることとなった。2つとも今年流行した言葉なので、入賞に特に異論はない。2つも入る日本の現状は、やはり悲しいものである。


昨年度は「ネットカフェ難民」、昨年度は「格差社会」がトップテン入りしている。


言葉が「使い捨て」されているだけで本質が変わらなければ意味はない。この入賞を機に労働問題/貧困問題に目を向けてくれる人がより多くなれば良いのだが。もちろん僕も、がんばらなければならない。


posted by とも at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。