2008年03月30日

東京→神戸

電車内では勉強がはかどるもんですねぇ。休みつつ読んだのに、新書が1冊読み終わりました。


阪大はあさってに行くことになりそうです。


3/30の勉強時間
『男性の育児休業』(2時間)
英文多読"A Picture to Remember"(30分)
posted by とも at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

労働法

労働法の勉強。読めば読むほど、法律体系すら、男性正社員(そしておそらくより単純な労働者)中心であると感じるようになっていく。

現実に法律があわせたのか。法律が現実を創り上げているのか。どちらもなんだろうけど、このままの体系ではまずいと思う。根本から体系だてることが必要なのではないだろうか。



明日から旅行です。1人で青春18きっぷで。名古屋・大阪経由で姫路あたりまで行こうと思います。阪大も見てきます。旅行記も軽くつけようかなと思います!


3/29の勉強
『労働法』(60分)

posted by とも at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『医療経済学入門―「いのち」と効率の両立を求めて』

読み終えました。

最近経済学の中でも注目されているこの分野。入口くらいは学んでみようと読んでみました。

経済学も医療も話題が詰め込まれていて、ちょっと読みづらかったです。新書の割に立ち位置もしっかりしていませんでした。

入口としては良かったですが、あまりお薦めはできないかもしれません。


3/28の勉強
『医療経済学入門』(30分)
『労働法』(30分)

posted by とも at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

不調…だが

最近、勉強ができません。3日に1回くらい飲み会があって、翌日寝てしまったりでリズムがつかめないからか。


それでもプラス思考で行こう。いろいろな人と話せたし。旅行行って帰ってきたら、もう授業ですし。


春休みはやりたい勉強はあまりできなかった。でもゆっくりできたし、自分のやりたいこと、進路もだいぶ定まってきた。


4月に入ったら、忙しくなるかなぁ。この休み中の生活から抜け出さないと。


3/27・28の勉強
『医療経済学入門』(30分)

posted by とも at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

旅行に行きます

3月末〜4月頭で、旅行に行こうと思っています。関西方面ですね。


基本的に観光旅行(城と桜巡りの予定)ですが、阪大も見てこようと思います。でもうかつに行くと入学式とかにかぶってしまいそうだな…。静かなキャンパスが見たいです。


ここで指導してもらうことを考えている教員の方にお話を聞くのもありかと思ったのですが、遠慮しておきます。今考えてる方は海外出張中のようですし…。


春休みももう終わり。旅行が終われば、もう新学期の幕開けだ。


3/25の勉強
『医療経済学入門』(45分)

posted by とも at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

下降気味

なぜかわからないが、今日も勉強しなかった。


そろそろ授業受けたい。ゼミも始まってもいいくらいだ。


3/24の勉強
なし
posted by とも at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOEIC初受験

TOEIC、受験してきました。学部3年の末にしての初受験です。


相変わらず、リスニングは微妙、リーディングはなかなかという出来でした。進歩してないなぁ…。スコアはリスニング350リーディング400の750と予想してみます。


ここ数日はいろいろ予定がたてこんでるなぁ。


3/23の勉強
なし(TOEIC受験のみ)

posted by とも at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

新書

昨日は大学の卒業式でした。先輩の胴上げなどをしたので、ついでに図書館によってきました。


大学には新書のコーナーもある(出版社が限られていますが)ので、結構便利だということがわかりました。ここで様々な知識をさくっといれていきたいと思います。


もっとも、新書は玉石混交なのでしっかりと内容の真偽は見極めなければなりません。それが重要なのでしょう。


昨日借りた本
『労働政治』久米 郁男、中公新書
『男性の育児休業』佐藤 博樹、武石 恵美子、中公新書
『入門医療経済学』真野 俊樹、中公新書

3/21の勉強
『入門医療経済学』(60分)

3/22の勉強
なし


posted by とも at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

夏学期以降の予定

そろそろ4月からやることを確認していこう。

(『』が授業です。)

・英語(TOEFL対策)
基礎力を英文多読でつける。多聴も?
『英語V 資格試験対策』にて応用力を育成。
難しい文章はゼミで読む論文で補完。
リスニング対策がやや甘い…?

・経済数学
『経済数学T』で十分かな。行列の勉強を『数量経済分析』で行う。

・ミクロ経済学
良い授業がないので、武隈ミクロ・武隈演習ミクロ・西村ミクロにて独学。さらにEREなどの問題集もやる。

・マクロ経済学
阪大で選択しないので、『中級マクロ経済学』のみ。(学習が不足しているため前提知識の確認も必要と思われる)

・エコノメトリックス
『統計学』『中級計量経済学』『計量経済学特論』の履修で、院試は確実に大丈夫だと思われる。必要に応じてさらに練習問題など。

・その他
ゼミで契約理論の応用の論文を読む。
卒論の報告が夏学期中に1度ある。
研究計画書作成。
卒業単位残り2単位(商学部単位)を取る。


焦らず計画的にがんばろう。


3/20の勉強時間
武隈ミクロ(90分)
TOEIC新公式問題集(180分)

posted by とも at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミクロの勉強

ミクロの勉強を「院試のため」にし始めました。


武隈ミクロを解く。実は初めて。今までは元重ミクロ、西村ミクロ、ミク戦を使ってました。


昔はちんぷんかんぷんだった間接効用関数、補償需要関数などもよくわかるようになってきました。


3/19の勉強時間
武隈ミクロ(135分)
英文多読"The Death of Karen Silkwood"(45分、5597words/266124words)
労働法(15分)
TOEIC新公式問題集vol.2(60分)

posted by とも at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

TOEIC問題集

TOEIC新公式問題集vol.2にて、練習問題を解いてみました。

リスニング…とにかくイマイチ。簡単な会話も聞き取れないことにげんなりする。リスニングはとにかくサボる傾向にあるのでなんとかしなければ。

リーディング…なかなか良い。後半の長文は集中力が持てばクリアできるので、むしろ前半あたりの文法的ところが勝負です。


試験まで日が少ないので、DUOを聞きなぐってなんとか脳を英語モードにしていこうかな。


3/18の勉強
『TOEIC新公式問題集vol.2』(150分)
大竹マクロ(15分)⇒1周終了!
英文多読"The Year of Sharing"(45分、6500words/260527words)
武隈ミクロ(30分)
posted by とも at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労働法

労働法を勉強。

もちろん経済学的な意味を考える。

今のところ考えたのは

・労働契約は長期に渡る関係的契約。ホールドアップ問題が起きないよう、(主に労働者を)様々な保護規定が設けられていると思われる。

・労働市場の流動性と解雇規制の間にはなんらかの相関がありそうだ。

次あたりが賃金の話なので、よりおもしろくなるでしょう。3



話は変わりますが、円高だとTOEFLが受けやすくなります。今のうちに1回受けておこうかな…。


3/17の勉強
大竹マクロ(60分)
労働法(60分)
英文多読"Appolo's Gold"(60分、9400words/254027words)




posted by とも at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

『労働経済学入門』

『労働経済学入門』(大竹文雄)を読んでいます。新書なので今日1日で読みきりそうなくらいですね。


はじめて「労働経済学」の体系書を読んだのですが、論理的一貫性に欠ける印象。需要供給で分析したかと思えば、契約理論をちょこちょこ使ったり。


文庫だからこうなのだろうか。他に良い本を探してみないと。まぁでも労経はまだ必要に迫られてないかな。



3/16の勉強
『労働経済学入門』大竹文雄、日経文庫(90分)
英文多読"Romeo and Juliet"(45分、5600words/244627words)


posted by とも at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

労働という分野

前にも書いたような気がしますが…


僕は労働経済学を専攻しようと考えています。最も、労働経済学といっても何を指すのかはわかっていませんが…。ここでは、「労働」を「経済学的に」分析したい、ということです。


しかし、労働というのは複雑な分野です。マクロ的には、供給サイド需要サイドともに影響を及ぼします。ミクロ的には、労働は契約という形をとりますが、長期的契約となるのでかなり複雑です。裁判所の果たす役割も、通常の契約とはまた異なるといえるでしょう。


失業は社会不安を与えるので防ぎたいところですし、労働に行き着くまでの教育問題、失業中の保険(失業保険)の問題、生活保護などの社会保障の問題…など関連分野も幅広いです。


僕はよりミクロな契約としての労働を重視したいと考えています。契約理論を上手く利用します。また労働を供給する源泉とも言える家計・家庭も視野にいれようかと思っています。


また変わると思いますけどね!


3/14の勉強
大竹マクロ(1時間)
英文多読"Tales from Hans Andersen"(1時間、10000words/239027words)
posted by とも at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

なぜ深夜の賃金は高いのか?

※相変わらず労働法も労働経済学も勉強していませんが、好き勝手書きます。


深夜労働は賃金が割り増しとなる。25%。(たぶん労基の定め)

なぜそうなっているのだろうか?

賃金が割り増しとなると、労使双方のインセンティブが変化する。労働者は深夜労働をするだろうし、使用者は深夜労働を減らそうとする。

どちらが強いかは一概には言えないが、双方を勘案することが必要であることはわかる。

では、割り増しの定めは何を目的に定められているのだろうか?

おそらく、制定時は深夜労働など特殊なものだと考えられていたのだろう。だからその分、手当てを厚くすべきとしたのだろう。

ところが現代では、様々な社会で24時間化が進み、深夜労働もその範囲をどんどん広げていった。深夜労働で生計をたてる人など、想像もしていなかったのかもしれない。

深夜労働がありふれる世の中。それには、「深夜労働は給料が良い」と進んで行っている人も必ずいる。

これが当初目指していた日本社会なのだろうか?


現代の労働法は現代の日本社会に沿っていないのではないか?


今日買った本
『マクロ経済学第5版 スタディガイド』、大竹文雄(通称「大竹マクロ」)

3/12の勉強
英文多読:"The Lost World"(30分)

3/13の勉強
英文多読:"The Lost World"(30分、8900words/229097words)
大竹マクロ(15分)

posted by とも at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ゼミの追いコン

今日はゼミの追いコンがありました。


もう4年になるんですねぇ。先輩方の製本された卒論を見て、来年はこれができているのかと思うといろいろな思いがめぐりますね。


来月には、新3年のゼミ生が決まります。


3次会まで突入し、卒論のことやいろいろトークをしました。(途中で寝たけど)そういう話をガンガンする機会もそう多くはないので、とてもおもしろかったです。


帰ったら、TOEICの受験票がきてました。もう再来週か。


3/11の勉強時間
中谷マクロ(2時間)⇒ようやく1周目読み終わりました。

posted by とも at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

派遣労働(続き)

派遣労働は需給が一致している。需要サイドでは、そこまでがつがつバイトができない大学生や、失業中で職探し中の人にも良いのではないのだろうか。


では派遣労働の何が問題なのだろうか?世間というのは極端なもので、「派遣」の名のつくものは全て悪とみなすような風潮がある。


いや、そうでもないかもしれない。むしろ極端なのは政党か。やはり年齢層が高い分、実態を把握しきれてない気がする。


現在、おそらく単純労働の世界では単純な価格理論が適用できる。つまり、政策による介入は経済全体の厚生を減じてしまう可能性がある。例えば、安くても職が欲しい人が職を得られなくなってしまう可能性がある。


一体何が問題であり、何を解決すべきなのか。政府・行政の役割とは何か。そのあたりかたしっかりと議論して欲しいものです。今の「非正規対策」などただのパフォーマンスに過ぎません。


日経ビジネスで雇用関係の特集がたくさんあったので、しばらくネタに困らなそう。でも理論もちゃんと勉強しなきゃな…。


3/10の勉強
日経ビジネス読み漁り(1時間)

posted by とも at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

派遣労働を体験する

今日はバイトでした。イベント会社に登録しています。(いわゆる「派遣会社」ではないのか?そのあたりの区別は良くわからりませんが…)


もちろんお金のためですが、同時に自分の研究の材料ともなるので一石二鳥です。


今感じているのは派遣労働は関わる人(主催者、派遣会社、労働者)全てにとって得な状況にある、ということですね。近年の情報化によってこれがもたらされているのもいうまでもないでしょう。





今日は疲れているので寝ます。



3/9の勉強時間
『故事成語〜』(30分)

posted by とも at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

春休み

3月も気がつけば一週間。


春休みやりたかったことはほとんどできてません。


でも前向きにがんばります!過去の時間は既にサンクされているのですから。


3/8の勉強時間
『故事成語〜』(30分)


posted by とも at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

Special Lecturesその2

今日で4日間に渡るProf.Gibbonsによる特別講義が終了しました。Thank you very much,Prof.Gibbons!


内容のほうはなかなか理解できませんでしたが、まだ体系書の無い(たぶん)Oganizational Economicsを俯瞰できたことは、今後絶対にためになると思います!体系書の出版もProf.Gibbonsにより予定されているそうなので、楽しみです。


今回さらに良かったのは、院生や教員の方々と様々お話できたこと。自分の進路についていろいろ考えることができました。話してくださった皆さん、ありがとうございました!一橋か阪大か、どちらにしようかまた迷ってきたなぁ…。


勉強のやる気が出てきたぞ!


3/7の勉強時間
Prof.Gibbons(4時間)

posted by とも at 00:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。