2008年01月31日

えいごづけ

最近、会話は特定の数人(家族など)としかしていない。後は英語を聞いているか何も聞いていない。つまり、入ってくる言語の多くが英語になっている。


いいんだか悪いんだか。


1/31の勉強時間
英文多読1.5冊(1時間、17313words/150819words)
 →1月は55冊の本を読みました。
posted by とも at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語

最近、英語の勉強ばかりしています。


なんでかって、今が英語を叩き上げるチャンスだと思うから。夏学期がまたやってきたら、次は授業を真面目に結構とるつもりなのでそこまで余裕がなくなる。


だから今のうちにやっとくんです。TOEFLでいいスコアが早々に出たら、経済学の勉強に集中できるし、洋書を読むゼミも楽になるし。


だから今日も英語を読み続けます。リスニングも始めました。



今日買った本
TOEFLテスト ITP(団体受験)直前模試、ICU TOEFLテスト問題研究会著


1/30の勉強時間
英文多読2冊(1時間45分、11500words/133506words)
英語リスニング(45分)
 →ちなみに以下のサイトを使っています
  Randall's ESL Cyber Listening Lab
  http://www.esl-lab.com/
posted by とも at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

国会

座り込みしてみたり入り口を封鎖してみたり。これには何の意味があるんだい?


1/29の勉強時間
英文多読1.5冊(1時間、5500words/122006words)
英語リスニング(30分)
posted by とも at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

マクドナルド店長訴訟

以下、Yomiuri Onlineより引用
----------------------------------------------------------------------

 日本マクドナルド(東京都新宿区)が直営店の店長を管理職と見なして残業代を支払わないのは違法として、埼玉県熊谷市の店舗の男性店長が、同社を相手取り、2年分の未払い残業代や慰謝料など約1350万円の支払いを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。

 斎藤巌裁判官は「店長の権限は店舗内に限られており、経営者と一体的な立場で事業を行う管理職とは言えない」と述べ、未払い残業代など約755万円の支払いを命じた。

… 労働基準法は、規定の労働時間(1日8時間、週40時間)を超える労働や休日出勤には残業代を支払うよう義務づけているが、管理職にあたる「管理監督者」には、この規定が適用されない。訴訟では、同社の直営店長が管理監督者に当たるかどうかが最大の争点となった。

----------------------------------------------------------------------

この件を検討する前に断っておくが、僕は労働法に関する知識はあまりなく、従って今持っている知識のみで考えていく。

まず店長に自由裁量の余地がほとんどない、といえるのは間違いないだろう。チェーン店の直営店であるから、本社指示に従う形態になるのも妥当である。

しかし同時に、店長はその店を管理監督する立場にあるのも間違いない点である。そして彼に対する本社からの観察可能性はかなり低い。正直、残業代など払うことはできないだろう。モラル・ハザードが生じる可能性があるからだ。

となると、店長に対し時間給を払うことは不可能になる。残業代を支払わないのも合理性があるように思える。



そもそも、労基法に違和感を感じる。労基法は「管理監督者」ならば残業代を支払わなくても良いとし、今回の件はこの「管理監督者」という概念の要件のみを吟味し、直営店の店長という微妙な立場を考慮することができていないような気がする。

それが法律か。

今回の件では、「管理監督者」云々というよりも、本社が店長に対し行った契約の違法性がないかどうか、すなわち条件が悪すぎなかったかどうかというところに焦点があると思うのだが。残業代の支払いよりも、「残業をせざるを得ない構造」を問題とすべきではないだろうか。



まだまだ第1審。マクドナルドは控訴するということなので、今後の裁判の動向を見守ろうと思う。


今日の勉強時間
英文多読2冊(1時間45分、10300words/116506words)
英語リスニング(30分)


posted by とも at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

10万語突破です

2007年に入ってから唯一まともに続けられている、英文多読。

23日目の本日、最初の目標である10万語を突破しました☆

ようやく調子も出てきたし、読める本も厚くなってきて読みごたえがでてきたため、どんどんいけそうな感じです。

古典文学のリライトがいまのところ1番読みやすい感じですね。



今日の勉強
英文多読2冊(1時間45分、13200words/106026words)
posted by とも at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻雀と経済学

麻雀はすごく勉強になる。

確率論・意思決定論・「情報」の問題などが複雑にからみあう。リスクに対する選好とかも関係してくるのか。



今日の勉強
英文多読2冊(1時間15分、9150words/93006words)
posted by とも at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

TOEFL ITP

TOEFL ITPとは、団体受験用のTOEFLで、正式でスコアも認定されるiBTとは異なります。


といっても、良い指標となるので、そこまで重視しないと言えど多少は対策していきたいところです。


あと2週間強。感じをつかむくらいはやっていかないとな、と思ってます。


今日の勉強時間
英文多読2冊(1時間、8000words/83856words)
posted by とも at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組織の経済学第12・13章

経営者とか管理者の報酬となると、あまり興味はわかないみたいです。やりたいのは、むしろより「下層」の労働。派遣労働とかね。


3年ゼミ終了。でも春休みは、前にも言ったように、勉強することが盛りだくさん。


今日の勉強時間
『組織の経済学』第12・13章(予習1時間30分、ゼミ4時間30分)
確率・統計授業(1時間30分)
posted by とも at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

春闘

「春闘」が始まったらしい。


今は理論が板についていないから、上手く分析はできなそうだ。第一、ニュースだけだと超断片的情報しか伝わってこないし。


「非正規雇用」の待遇改善も求めていくらしい。ようやくか。


しかし、企業側も組合側も「非正規」の使用状況を理解しているのか?子会社等を含めると、把握しきれてないのではという疑念があるのだが。




昨日の勉強時間
英文多読3冊(1時間、5903words/75856words)
『組織の経済学』第12・13章(2時間)
posted by とも at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題・労働経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

組織の経済学

「公平性」ってほんとに曖昧でめんどくさい概念だよねぇ。

とくにインセンティブとの関係を考えるとさらに難しい。結果に対する報酬の場合は努力過程について、努力過程に対する報酬は結果についてそれぞれ「公平性」に関する不満がでてしまうだろう。

でも、この概念をどういれていくがどうかが今後の経済学の課題といえるのか?



昨日の勉強時間
『組織の経済学』第13章(1時間)
英文多読1冊(9200words/69953words)
posted by とも at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

春休みの予定

テスト勉強は面倒だ。でもしっかり単位とっとかないと来年とるほうが面倒だからな。

卒業に関係ない「確率・統計」とかを勉強しまくりそうだ…


テスト後は思う存分したい勉強ができる。冬休みの予定は

2/12 TOEFL ITP
2月中? 関西旅行。阪大豊中キャンパスを見てみる
3/3-7 Special Lectures by Professor Robert Gibbons (MIT)

って感じ。


勉強は何しよう。

毎日英語、Special Lecturesに向けた予習、『組織の経済学』第14−17章、マクロ経済学の基礎(中谷+大竹)、武隈ミクロ

は最低限やっていきたい。

他にも労働経済学や公共経済学などの応用経済学もかじってみたいところ。

もっと計画的に勉強しなきゃなぁ


今日の勉強
『組織の経済学』第12、13章(2時間)
英文多読3冊(45分、5714words/60753words)

posted by とも at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

古紙偽装

若干古いニュースですが、

製紙会社大手が軒並み古紙配合率を偽装していたとの報道があり。



現実に起こる「ナッシュ均衡」の典型的(悪)例といえるでしょうねぇ。誰にも「自分だけ」正直に配合するインセンティブがなくなっているわけです。


今日の勉強
英文多読4冊(45分、7066words/55039words)
posted by とも at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やすみ

2日間勉強しませんでした…

体調も復帰したので、今日からまたがんばろうと思います。



昨日・今日の勉強
なし
posted by とも at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

組織の経済学第10・11章

ゼミで組織の経済学。今回は最も興味のある分野でした。


やはりなかなかおもしろかったです。


今日考えたこと(卒論や今後の研究のタネ)
契約社員、パート、アルバイトなどのの「正社員化」は経済学的にどのような意味があるか?
⇒経済(労働市場)にいくつか種類があり、その間の移動は難しいとすると、そのような移動を促す(強制する)制度は機能するのでしょうか?



今日の勉強
『組織の経済学』(予習1時間半、ゼミ4時間45分)
posted by とも at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組織の経済学

自分の最もある「雇用」の分野に入りました。なかなかおもしろいです。


でも、体調が優れず波に乗れない…。


今日の勉強時間
『組織の経済学』
第10章(雇用政策と人的資源のマネジメント)
第11章(内部労働市場、職務配置、昇進)
(4時間)
posted by とも at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

寒さ

東京はここ数日寒い。

寒いと家に帰ると眠くなる。



最近朝型生活になりました。


昨日の勉強時間
複素関数(2時間、テスト勉強&テスト)
ビジネスエコノミクス入門宿題(2時間)
英文多読1冊(15分、2100words/47973words)
『組織の経済学』(15分、第10章)
posted by とも at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

まだまだ複素関数

昨日はバイトから帰りさっさと寝てしまったので朝更新。


複素関数は美しい。

複素数iと、ネピア数e、円周率π。対数関数log。三角関数cos,sinと双曲線関数cosh,sinhなどが絡み合っていく姿はなかなか圧巻です。


でも、自分が美しく問題を解けるかどうかとは関係なし。もうちょっとがんばります。



昨日の勉強時間
複素関数(15分)
DUO3.0(30分)
posted by とも at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

さらに複素関数

cos(6/π+3i)

が計算できず挫折。そのまま寝てしまう。なんで答えに双曲線関数(coshx,sinhx)が出てくるんだ…。

翌朝(今)ネットで調べたら、加法定理を使えば良いということがわかりました。基本的な発想が抜けてる…。

テストは明日。何とか形に持っていけるか?

バイトと勉強の両立は大変だ。


昨日の勉強時間
DUO3.0(30分)
英文多読2冊(15分、3600words/45873words)
複素関数(30分、テスト勉強)
posted by とも at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

複素関数

授業名は「微分積分続論」。でも、中身は複素関数論が中心。

複素数の微分。微分は極限で表される。極限というのはある値に限りなく近づくこと。そして複素数には実部と虚部があり、複素数平面で表される。

よって、ある複素数への近づき方は様々存在する。例えば0には、実軸上を0に近づく場合や、虚軸上を0に近づく場合、などなど様々ある。

例であげた2つの場合を考えると、コーシー=リーマンの関係式が導かれ、またこれらはラプラスの微分方程式を満たす。




おもしろいんだよなぁ、これが。複素数は本当にすごいと思う。




でもテストはやだなぁ


今日の勉強
DUO3.0(45分)
英文多読3冊(45分、7400words/42273words)
複素関数論(1時間、テスト勉強)
ビジネスエコノミクス入門宿題(30分)
posted by とも at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

漠然とした

昨日ゼミが終わった後から、勉強が停止しました。


疲れたので寝て、遊んでました。


なんだか漠然とした不安に襲われる。将来に対する不安が大きい。


一番大きい不安は、「お金」。お金が足りません。



買った本(書き忘れ)
『ミクロ経済学 増補版』武隈慎一
 ⇒何気にもってなかった。「ミクロ経済学」を関する本は4冊目。(元重ミクロ、西村ミクロ、ミク戦)

昨日の勉強時間
確率・統計(1時間半、授業) ⇒『推定(区間推定)』
ゼミ(3時間半) ⇒組織の経済学 第9章「所有と財産権」

今日の勉強時間
なし
posted by とも at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。