2011年02月27日

2011年2月のまとめ

2月は振り返ってみると、心身ともにあまり調子が良くなかったようで、上手く研究が進みませんでした。
後半はかなり調子が改善したので、3月はこの好調を維持してばりばり進みたいです。

<研究活動>

☆実験室実験実施
☆とある原稿作成
  →そのうち告知します♪
・実験データ処理
Salanie "The Economics of Contracts: A Primer, 2nd Edition"読み始める
・RA(データ処理)

<研究会等出席>

・AMTW
・関西労働研究会

<読んだ本>

今月も全然読めてません。。。読んだといえるものはこれだけ。



 →就活特集ということで読みました。雑多ですが、面白い記事もありました。

<その他>
・ゼミ送別会(幹事業)

<予告>

3月13日、阪大豊中キャンパス最寄りの石橋商店街で行われる「いしばし文化祭」にて、一般向けに私の研究紹介を行う予定です。後日正式に告知します!


posted by とも at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

2011年1月のまとめ

ブログでは月間の記録をつけようと思いました。
(といっても、最近ブログで企画を始めては頓挫しているわけですが)

というわけで、少し遅れましたが2011年1月のまとめ。

<研究活動>

☆修士論文提出
・次の研究の案出し×2
  →修論後ぼーっとしないよう心がけてみました。
・2学期授業終了(スミス輪読、労働市場政策、実験経済学)
・日本経済学会春季大会申込み

<研究会等出席>

・社研セミナー
・CTW
・関労研
・ゼミ(4回)
  →論文レビュー1回、Abramovsky et al. (2011 J of Labor E)

振り返ってみると、あまり論文を読んでいない気がします。。。

<読んだ本>


ウミヒコヤマヒコの2分法は怪しいですが、全体的にはとても面白かったです。


移動中に読んだ小説。

<その他>

・年末年始は東京帰省
・月末、ゼミOB会などのために東京へ
 →月初も月末も東京にいるという珍しい月。
・サッカーアジア杯優勝!
・いろいろな人との飲み会がありました。


修論終わったというのに、2月は忙しい!1日1日を大事に頑張ります!

posted by とも at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011年の目標

あけましておめでとうございます。昨年は本ブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

新年の計は元旦にあるということで、2011年の目標についてぐだぐだっと書いていきます。

総論としては、「ぐいぐい前へ進んでいこう」というフレーズが思いつきました。

ここ数年は「過去の振り返り」「自分について考える」という作業が多かった気がするのですが、それはそろそろ打ち止めにして、前に前に目の前の作業を進めていきたいな、と思います。


<研究>

まずは修士論文作成。最後の詰めをしっかり頑張ろうと思います。ラストスパート!

その後はまだちょっとどうなるかわからないこともありますが、手広く、精力的に研究を進めていければと思います。

4月からD1となるわけですが、まだ「現実を前にする」段階ではないと考えています。がむしゃらに前に前に進んでいきましょう。

今年力を入れたいのは、

・英語の学習(会話・文章作成など全面的に)

ですね。これは現在最も必要に迫られていることなのではないかと思っています。

そしてできるならば

・経済史

に手を出そうと思っています。

今年は学会発表も始まる予定です。皆さま是非ともよろしくお願いします。
A0サイズでポスター作れるなんてテンション上がってしょうがないです。

<ライフログ作成>

今話題のライフログ。昨年末よりいろいろ強化していますが、引き続き続けていこうと思います。

理由は、我々が社会を分析するのにデータを必要とするのと同様、僕が自分を分析するためには僕に感するデータがもっともっと必要なんじゃないかと思ったからです。

記録するもの
・日記 (Evernote)
・家計簿 (OpenOffice)
・食事 (暫定でeatwit)
・ブログ記事 (Evernote)
・tweet (twilog & Evernote)
・位置情報 (foursquare, Evernoteと連携できる?)
・ランニングデータ (Nike+GPS, Runkeeper Proも併用?)
・体重、体脂肪率 (OpenOffice) [1/2 追加]
・行った城のリスト (OpenOffice) [1/2 追加]

家計簿はつけるだけじゃなく(これは2年やっている)、予算立ててより計画的な生活をおくろうと考えています。

ライフログ関連本は読んだことがないので、時間あれば一読したいですね。

<その他>
・ランニング…神戸マラソンを目指します。真面目です。
・そのためにも早寝早起きをしっかりしないと!
・もっと家族や友達を大事にしたいですね。
・昨年は刺激的な新しいタイプの「出会い」が多かったですが、今年はどうなるでしょうか。楽しみです。
・twitterは今年より控えめにします。


とにかく、元気いっぱいがんばりたいです!今年もよろしくお願いします!


(ざっくり書いたので、今後修正の可能性があります笑)

posted by とも at 01:39| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

Crook the Open Discussion Platform

東工大B4(来年より東大経研)の @ryooopan こと鈴木遼くんが、Crookというサイトを作成したとのことです。(ご紹介が遅れてすみません!)

http://www.crookodp.com/

主に学生向けの情報交換サイトです。院試や公務員試験など、大学にあまり情報がない方々に有用なのではないでしょうか。
Open Discussion Platformということで、オープンな議論をしたいときにも利用できるようです。

ぜひ登録してみてください!

posted by とも at 16:03| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

映画「ソーシャル・ネットワーク」学生試写会&ディスカッションに行ってきました

ひょんなことから、先日20日に阪大で開催された『映画「ソーシャル・ネットワーク」学生試写会&ディスカッション』に参加させていただきました。(しかも、学生スタッフとして。)

第一部は試写会。この映画はfacebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグを主人公とした実話に基づくもので、日本では来年1月15日公開となっています。監督は『セブン』『ベンジャミン・バトン』などのデヴィッド・フィンチャー氏。

物語は、マークがハーバード大学にてfacebookのもととなる「フェイス・マッシュ」を作るところから、facebookの会員が100万人を突破するところまで(ちなみに現在は5億人!)を中心に描かれています。

派手なシーンや、魅力的な人物たち…はありませんが、その分セリフや演技、複数の時系列を交えた構成などの要素が際立つ、とても良い映画に仕上がっていると思いました。また、アメリカ的文化を様々な視点から(大学文化・起業文化・訴訟文化など)捉えることができる、という点もおもしろいです。

第二部はディスカッション。学生40名ほどを7グループに分け、「この映画にキャッチフレーズをつける」というテーマで各自話を行いました。

僕は議論の進行役(ファシリテーター)として参加しましたが、人数が少なかったこともあり議論にもいろいろと参加しました。ただ、しゃべりすぎて進行に支障が出ててしまったので大いに反省しています。

最後は各グループによる発表。どのグループも様々な良い視点が出ていて、またプレゼンも良く、楽しめました。僕の班はフレーズが出るのがギリギリになってしまい、詰めがいろいろ甘かったな…と感じています。

院生になってからはこういう機会もあまりなかったので、いろいろと勉強させていただきました。当日の様子はUstreamのアーカイブに保存されています。(僕を探さないでください。)




運営サイドの皆様、参加者の皆さん、ありがとうございました!

再度ですが、良い映画なので、公開されましたらぜひ見てください!
posted by とも at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

[授業回想] 2005夏学期(全体)

前回書いたように、授業回想シリーズを始めます。時系列で進めていこうと思います。
当時の私の所属は商学部です。
(現在とはカリキュラムもだいぶ違うので、注意してください)

[2005夏学期]

とった授業
学部科目:企業と市場、市場概論、導入ゼミ(全て商学部)
語学:英語IB、英語II(精読)、中国語
数学等:微分積分I、線形代数I、情報リテラシー
一般教養等:EU入門、スポーツ方法I(バドミントン)

若々しき学部1年。時間割は制約が多いこともあり非常に平凡です。

…導入ゼミを除いては。

この導入ゼミが、平凡に進むと思われた(嘘です、そんなつもりさらさらなかったです)私の大学生活を象徴づけるスタートとなりました。

他にしたこと:オープンキャンパスの準備(企画、冊子作成)、某予備校でバイト

次回から各授業について振り返っていきます。

(こんな感じで少しずつ進めていきます。)

posted by とも at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

[雑記] 近況と今後のブログネタについて

ご無沙汰しております。

夏が不調だったので少し心配でしたが、10月は、それなりにいいペースで研究できていたのではないかと思います。
やることがなく(あるいは遠くにある)だらだらするでもなく、根詰めすぎてばたばたするでもなく、いい緊張感が保たれていました。

11月入ってからは少し気持ちが切れつつありますが、ギア切り替えて頑張っていきます。


さて、研究が佳境に入るにつれ、自分の研究についてここで話すことが出来ないというとても大事なことに気づきました。授業受けたりしているうちはそのことを流していけば良いのですが、そういうこともできません。
(もっとも、今受けている授業の話はtwitterに書いてしまっているのですが笑)

日々の記録はtwitterに書いている本年、このブログの扱いは常に迷っていたとこでした。
そこで、思い立った企画を始めてみようかと思います。題して

「4年間の授業を振り返る」

です。

学部の4年間、様々な授業を受けてきました。総修得単位は160。
時間割作成は毎期念入りにやっていたので、魂が入っています。
(前年度の1〜2月の時間割アップとともに叩き台を作り、数ヶ月かけて練り上げていました)

今一度どんな授業を受けてきたかを振り返ることで何か得るものがあれば、そして何か伝えられることがあればと思います。
修士論文前の思いつきなので更新頻度は低いかもしれませんが、少しずつでも書いていこうと思います。

posted by とも at 23:16| Comment(17) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

[雑記] 2学期スタート。

10月に入りました。2学期のスタートです。

夏季研究集中期間(「夏休み」はミスリードなのでこうしてます笑)は反省ばかりでした。最低限の作業はこなしましたが、それしか出来なかったな、と思います。とにかく心身にわたる調子の管理が上手く行きませんでした。やっと最近に入り、上手くコントロールできてる、という感覚を得ています。

修士論文が佳境に入ります。研究の性質上、今は「勉強している」というより、「プロジェクトを回している」、という感覚です。(学園祭時代を思い出す、何だか懐かしい感覚!)

今学期は「しっかりとした生活を送りつつ修士論文を完成させる」ことを目標とします。確かに作業が目の前にたくさんあり忙しいですが、おそらく今後はこういう生活がひたすら続いていくんだろうな、と思います。。そう考えると、ただ修士論文を完成させる、というだけでなく、今後の研究生活の土台となるよう、生活面、精神面、実務面など様々な面からしっかりと「練習」していきたいと思います。

具体的には、1日の時間配分を安定させ、睡眠時間をしっかりとり、休日もちゃんととり(休日がないと体が持たないのでとらざるを得ないですが)、変に落ち込んだりテンション上がったりせず、研究会もあまり休まないように、そして研究をしっかりと…していこうと思います。

がんばりましょう!
posted by とも at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

[読書ノート] ルポ生活保護(2)

先日の記事の続き。

本書より引用してコメントしていく。

「第二のセーフティネットである雇用保険、最後のセーフティネットの生活保護の機能が弱くなると、劣悪な労働条件でも働かざるを得ない非正規社員が増える。すると、正規社員の労働条件の切り下げ、リストラが拡大し、非正規社員がさらに増える。その結果、労働市場が崩壊していく。」(p159)

この記述は一見納得してしまいそうだが、「保護機能弱体→非正規条件悪化」「非正規増加→正規条件悪化・非正規増加」「非正規増加→労働市場崩壊」のどの因果関係も正しいかどうかよくわからない。せっかくここまでで細かいデータや現状を見ているのだから、このようなまとめ方をしてしまうのは、とても勿体無いと思う。

「(釧路市の自立支援プログラムは)06年度から09年度までの4年間で、2455人が参加し、448人が仕事に就き、121人が保護廃止にこぎつけた。」(p170)

就業率は20%程度、保護廃止率は5%程度といったところ。本書ではプログラムの成果を強調しているが、僕には自立支援の難しさを強く印象づけた。

「東京都は2008年度から生活保護家庭の小中学生に直接、塾代を支援している。対象者は区、市によって異なる場合もあるが、上限は小学一年生から中学二年生まで年間10万円、中学三年生は15万円。夏期、冬期講習にも使える。(p206)

僕の価値観では信じがたい制度(特に小学生)なのですが、もはや塾は必要不可欠なものなのでしょうか。公教育の根本的なところを問いたいです。

「本書では生活保護の不正受給問題をあえて取り上げなかった。生活保護に限らず、どこでも、制度を悪用しようとする不届き者がいる。そうした人を厳しくチェックし、排除することはどの制度にあっても当然、必要なことだ。だからといって、その制度や制度利用者を問題視することはおかしい。」(p243)

どこに怒りが向いているのかはわかりませんでしたが、あまり建設的でない姿勢が目につきました。「制度を問題視する」ことは程度の差はあれ、より良い制度設計のために必要なことなのではないでしょうか。(制度の存在を問題視するのはおかしい、くらいの意味なのだとは思いますが)


場当たり的なコメントとなってしまいましたが、感想は以上です。


posted by とも at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

[読書ノート] ルポ生活保護

ルポ 生活保護―貧困をなくす新たな取り組み (中公新書) 本田良一著


最近は経済学徒らしく(?)データや論文ばかり眺めている。現場の声を聞きたいな、と思っていたので手にとったのが本書。しかし、予想に反して、内容としては生活保護に関わるデータや事実関係(特に政治に関わるもの)が中心である、との印象を受けた。

情報量は豊富であり、生活保護の現状、生活保護システムの全体像・問題点を網羅的に知りたい方におすすめしたい。

以下の2点に問題があると感じた。

1.データ・情報が羅列になっている
情報が豊富なのは間違いないのであるが、それが上手く整理できていない印象を受ける。様々な数値も文章中で漢数字で示されることが多く、なかなか頭に入ってこない。頑張って読みきったが、半分程度で飽きてしまったのは事実である。

2.筆者の意見はどこ?
全体として、筆者の意見や主張が見えず、「顔の見えない」本だな、と感じた。意見や主張に当たるものも、識者の引用であるケースが多い。特に第七章「どう改革するか」は数々の政策が簡単に紹介されているだけで、残念であった。

この2つの問題は、筆者の本田氏が新聞社員であることに起因していると思う。データを示し、記事中では意見をいれない、というのは新聞の基本的スタンスであるが、それをそのまま新書にしてしまうと違和感を感じるのであろう。媒体と文の書き方は必要に応じて変えなければならないな、と再認識した。


次の記事では気になった箇所にコメントしていく。




posted by とも at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。